弁当箱をカスタマイズ。目的に合わせて加熱、ミキサーなどを積み込める Neoven

admin




pic20.jpg

Neovenは加熱機能がついた弁当箱です。
弁当箱と一緒に持ち運びができる小型冷蔵庫・ミキサー・ケトルもオプションとして用意されています。

使い方

普通の弁当箱は料理を持ち運ぶためだけの容器ですので、外出先で温かく美味しい食事をとることができませんでした。
共用の電子レンジみたいなものがおいてあれば使えますが、オフィスではないところも多いでしょう。

このNeovenならば、レンジを使用することなくどこでも手軽にホカホカの美味しいご飯を食べられるようになります。

pic1.jpg

使い方は簡単です。本体のスタートボタンを押すか、スマートフォンを使って遠隔から起動させることができます。
本体のスタートボタンを押す場合は、弁当箱のふたを閉めてロックした状態でボタンを押します。

pic3.jpg

または、専用スマホアプリから加熱機能を起動することも可能です。
添付動画のように手動でスタートすることもできますし、予め設定した時間に自動的に加熱開始することもできます。

pic4.png

本体と付属品はいろいろなものが用意されています。

①弁当箱本体:メインの加熱用容器とサブ容器1点(小型冷蔵庫・ミキサー・ケトル)を収納する本体。内蔵されている6000mAhのバッテリー2個が全機能の電源となり、フル充電には2時間かかります。
②本体のふた
③メインの加熱用容器:本体の大きいスペースに設置。
④小型容器:本体の小さいスペースに設置。特別な機能は無し。
⑤ミキサー:小さいスペースに設置して使用。新鮮なフルーツジュース、スムージー、シェイクなどを調理可能。
⑥小型冷蔵庫:小さいスペースに設置して使用。アイスクリーム、デザート、その他要冷蔵の食品に使用可能。
⑦ケトル:小さいスペースに設置して使用。水、ミルク、その他飲料を沸騰させることが可能。
⑧専用食器類:スプーン、フォーク、ナイフ、お箸のセット。弁当箱のサイドに収納可能。

pic5.jpg

Neovenはどなたにも最適な弁当箱です。
小さなお子さんをお連れの母親から、校内で食事する生徒、世界中を旅する旅行者、食事に時間をかけられないドライバー、オフィスで働く会社員まで。

pic6.jpg

特殊設計により内部に浸水しない仕様ですので、使用後は容器ごと水洗い可能です。

pic7.jpg

まとめ

これがあれば、外出先での日々の食事がより美味しく健康的で楽しいものになりますね。
お値段は、メインの加熱機能容器のみで US$199(約21,800円)、または全てのサブ機能容器付属でUS$299(約32,700円)です。

2019/12/23まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/neoven/neoven-compact-personal-food-warmer-with-extra-modules

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons