ガラス瓶に蓋として付けるだけで、簡単にドライフルーツを作るグッズ | DRYCERATOP(ドライセラトップ)

admin




DRYCERATOP(ドライセラトップ)は、ドライフルーツやドライフラワーを手軽に作るためのグッズです。電池なしで動きます。

使い方

果物を干して作るドライフルーツ。これをガラス瓶の中で作ろうというのが、このDRYCERATOPです。

DRYCERATOP4.jpg

下の画像で中央の黒い円形のものがDRYCERATOPです。これは蓋としてガラス瓶の口にはめます。ガラス瓶自体はサイズが合えば何でも使えます。

DRYCERATOP3.jpg

使い方は簡単です。瓶の口にはめて、陽の当たるところに置くだけです。電池や充電は不要です。

DRYCERATOP5.jpg

太陽光発電パネルがついており、発電した電力で通気ファンが稼働します。他に何がついているかというと・・・ありません。実のところ、DRYCERATOPがしていることは、太陽光で発電してファンを回転させるだけです。これでもちゃんとドライベジタブルなどが作れます。

DRYCERATOP6.jpg

4時間かけて野菜を乾燥させているところです。最初は水分たっぷりのみずみずしい野菜が…。

DRYCERATOP10.jpg

水分が飛んでしおしおになりました。

DRYCERATOP11.jpg

やっていることは単純です。瓶の中で野菜を乾燥させようとすると、野菜から蒸発した水分はどこに行くのでしょうか。どこにも行くところがないので、瓶の中に湿気として溜まります。これではなかなか野菜が乾燥しません。

そこで瓶の中の空気を外と入れ替えてしまえば、湿気も瓶の外に行ってくれます。蒸発して換気して…を繰り返すので、乾燥する即とが速くなります。

もっと簡単にたとえれば、換気扇をかけずに風呂場に洗濯物を干す場合。換気扇をかけながら風呂場に洗濯物を干す場合。乾くのが速いのは換気扇をかけながらの場合です。

DRYCERATOP12.jpg

この換気するだけという仕組み上、雨の日のように湿度が高いとうまくいきません。また気温が高いか日差しが強くないと、なかなか蒸発しません。

湿度が低くて、日差しか気温が高いときに使える方法です。

DRYCERATOP7.jpg

発電パネルの向きと角度は手動で調節できるようになっています。

DRYCERATOP9.jpg

まとめ

お値段は$29+送料$15で、$44(約4,700円)です。

2019/7/8まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/mixedmediaeng/dryceratop-solar-food-dehydrator-for-mason-jars

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons