空気清浄機がワイヤレスセンサーを搭載。PM2.5に加えてノイズまで測定 | Wynd Halo(ウィンド・ヘイロー)

admin




Pic1.jpg

Wynd Halo + Home Purifier (ウィンド・ヘイローとホーム・ピュリファイアー)は、高感度の空気センサーと強力な空気清浄機です。

センサーがワイヤレスで分離されている、というところが特徴です。

使い方

家は一家だんらんの場所であり、生活の場所でもあります。空気をきれいにしておきたい場所ですが、様々な原因で空気が汚れてしまいます。

Pic2.jpg

花粉が舞うことがあります。

Pic3.jpg

ペットのフケが飛ぶこともあります。

Pic4.jpg

煙が漂ってしまうこともあります。

Pic5.jpg

このWynd Halo + Home Purifier (ウィンド・ヘイローとホーム・ピュリファイアー)をセットしておけば、常に部屋の空気をきれいに保つことができるのです。

Pic6.jpg

このセンサーは、アレルギー性物質や臭い、煙など、10種類の汚染物質を判別できます。モニターには、部屋の空気がどういう状態にあるか、アイコンで表示されます。

Pic7.jpg

空気清浄機は、下記のような30坪程度の間取りであれば、30分で空気をきれいにすることができます。

Pic8.jpg

使い方は簡単です。この装置は、設置して電源を入れるだけで自動的に作動します。

Pic9.jpg

スマホにアプリをダウンロードすることで、部屋の状況を見たり、設定を変えたりすることができます。

Pic10.jpg

では仕組みです。センサーは、0.7ミクロンというとても細いブルーレーザーを発して空気の状態を調べます。これによって、空気中を漂う微細な粒子でも見つけることができるのです。

Pic11.jpg

センサーが測定できるものは、PM2.5のような大気汚染物質、花粉のようなPM10、さらに温度と湿度、明るさと雑音まであります。

pic13.png

測定した結果はセンサー自体に表示できます。いちいちアプリを起動せずとも、一目見ただけでわかります。

pic14.jpg

ですが、それだけではなく、周囲の環境、天気や気温、交通量なども考慮に入れて、空気がどういう状態にあるが総合的に判断します。そのうえで、空気清浄機に信号を送って作動させるのです。

センサーの充電はMicro USBを使って行います。1回の充電で3ヵ月持ちます。

Pic12.jpg

まとめ

お値段は$89+送料$10で、$99 (約10,600円)です。

2019/1/13まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/882633450/wynd-halo-home-purifier-keep-your-homes-air-health

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons