個人で使える、体内の赤ちゃんを超音波で観察するグッズ | Fetus Camera(フィータスカメラ)

admin

FetusCamera1.jpg

Fetus Camera(フィータスカメラ)は、胎児を3Dで見ることができる、超音波撮像装置です。個人で使えるというところが特徴です。

開発元は中国です。

使い方

結婚、そして…

FetusCamera16.jpg

出産。女性にとっても男性にとっても、人生の一大イベントです。

FetusCamera11.jpg

そんな大イベントをさらに楽しもう、というのがFetus Camera(フィータスカメラ)です。

FetusCamera12.jpg

このお椀型の機器がFetus Cameraです。

FetusCamera2.jpg

このお椀の先端部分をおなかに当てます。

FetusCamera13.jpg

すると胎内のあかちゃんの姿を見ることができる、という道具です。画像はスマートフォンのアプリで観察します。

産科にいけば胎児の超音波像が見られますが、それを自宅で思う存分観察できるようになります。

FetusCamera14.jpg

旦那に見せて、胎児の育ち具合を夫婦で共有するといった楽しみ方ができます。

FetusCamera15.jpg

こうしたスマートフォンを使った超音波撮像装置のアイデア自体は、既にあります。Butterfly iQはiPhoneをディスプレイとして使う超音波診断装置です。アメリカ食品医薬品局の承認を取得しており、診断に使うことができます。医師でなければ買えません。

FetusCamera20.jpg

一方でFetus Cameraは医療機器ではなく、個人で観察して楽しむものです。

FetusCamera3.jpg

超音波画像自体は3Dではなく、人体を輪切りにした2D画像です。しかし2D画像を複数枚組み合わせることにより、3D画像として見ることができます。

FetusCamera4.jpg

動画はこちら。Fetus Camera先端のトランスデューサーの動かし方にもよると思いますが、ボリュームレンダリングで3D表示できています。

面白いのはいいのですが、問題は価格です。お値段は25万円もします。さらに妊娠時という限られた時期にしか使えません。個人で所有するよりも、レンタルで使う方が向いているグッズだと思います。

まとめ

お値段はHK$ 18,000+送料$1000で、KH$ 19,000(約26万7000円)です。

2019/1/25まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/169337300/fetus-camera

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons