二日で5千万円到達、ビデオカードを横置きしてA4サイズに小型化したMini-ITXケース | DAN A4-SFX v2

admin




DAN1.jpg

DAN A4-SFX v2は、PC用のケースです。対応マザーボードはMini-ITXです。

マニアックな製品にもかかわらず、開始2日で5千万円に到達しました。開発元はドイツです。

使い方

DAN A4-SFX v2は、小型のPCケースです。

DAN2.jpg

しかし小型でありつつも、フルサイズのビデオカードを搭載できる、というところが特徴です。

DAN8.jpg

置き場所をなるべく使いたくないが、それでいて重いPCゲームを遊びたい。あるいはVRなど、GPUを酷使する用途を想定しています。

DAN3.jpg

大きさだけでいうなら、IntelのNUCはとても小さいです。NUCは10.6cm x 10.6cmです。しかしGPUはCPUの内蔵のものになり、フルサイズのビデオカードは積むことができません。

http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/products/boards-kits/nuc.html

画像出典: Wikipedia

nuc.jpg

大きさは、縦31cm x 横20cm x 高さ 11cmです。A4用紙が21cm x 29cmなので、ほぼA4と言える大きさです。これだけの大きさに詰め込むために、DAN A4-SFXでは工夫がなされています。

DAN6.jpg

通常ならばビデオカードは、マザーボードに対して縦に差し込みます。しかしこの構造を撮ると、どうしても場所をとってしまいます。
画像出典: Flickr

DAN10.jpg

そこでDAN A4-SFXは、マザーボードと平行にビデオカードが配置できるようになっています。下の画像で左側の赤枠がマザーボードの位置です(Mini-ITX)。

一方でビデオカードは、マザーボードの裏側に横置きされています。下の画像で右側の赤枠です。

DAN9.jpg

この変則的な配置を実現するために、PCI Expressのコネクタにケーブルをつないで延長し、ビデオカードのコネクタまで接続しています。

DAN12.jpg

外装はアルミニウム、色は黒と白があります。

DAN13.jpg

オプションで、透明になっているアクリル製の側板もあります。

DAN14.jpg

対応電源はSFX、またはSFX-Lです。HDD/SSDスロットは2.5インチです。小型化しているがゆえに、CPUファンの大きさなどに制約があります。https://dan-cases.com/dana4_spec.html

まとめ

お値段は€230+送料€21で、€251(約30,900円)です。

2017/6/28まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/33753221/dan-cases-a4-sfx-v2-an-ultra-compact-sff-case

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons