テーブルをノックして電気のオンオフ。身の回りのものをスイッチに変えるグッズ | Knocki(ノッキ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
Knocki1.jpgKnocki(ノッキ)は、身の回りのものをスイッチに変えるグッズです。例えばテーブルをノックすることで、スイッチのオンオフができます。

使い方

こちらがKnocki(ノッキ)です。円形の非常にシンプルなデザインです。
Knocki13.jpg
これを例えば、机の下に貼り付けておきます。
Knocki15.jpg
机を二回叩きます。
Knocki11.jpg
すると奥の電気スタンドが点灯しました! このように、身の回りのものをノックするだけで動作をさせることができる、という点が特徴です。
スマホを操作すれば、リモートで電気をつけたりということは今でもできます。でも、テーブルなど既にあるものを使って操作できるという方がスマートではないか? というのが、作った人の主張です。
Knocki12.jpg
使い方は発想次第です。例えば玄関のドアに貼り付けておきます。
Knocki16.jpg
庭でアメフトのキャッチボールに興じているときに・・・
Knocki17.jpg
玄関のドアをノックする人が現れました。
Knocki18.jpg
すると、自分のスマートフォンに通知が来ました。
Knocki19.jpg
無事、宅配ピザを受け取ることができました。
呼び鈴の音量は聞こえる大きさにしてあるはずなので、こういうことをする必要は無いと思います。必ずしも自分でノックしなくてもいいよ、という使い方の例です。
Knocki20.jpg
テーブルをノックして、再生と一時停止を切り替えたりすることもできます。
Knocki21.jpg
あるいは目覚ましとコーヒーメーカーに連動させることもできます。ベッドテーブルをノックすると、目覚ましがスヌーズ状態になり・・・
Knocki22.jpg
コーヒーメーカーがコーヒーを作り始めました。スマホと連動するコーヒーメーカーを使っています。
Knocki23.jpg
コーヒーもできたことだし安心とばかりに、また寝てしまいました。これじゃ意味無いですが。
Knocki24.jpg
テーブルをノックして、Alphabet(Google)傘下のNESTを操作することもできます。
Knocki25.jpg
空調の温度が変わりました。
Knocki26.jpg
Knockiと同じことは既存のグッズでもできます。例えばAmazonのDashボタンもそうです。あるいはIndiegogoであった、クイズ番組のようなボタンなどもそうです。
しかしこれらのグッズは、単純に押すということしかできません。Knockiの場合は、ノックするパターンで複数の動作を割り当てることができます。例えばノック3回すると自分のスマホが鳴る、4回ノックすると電気がつく、などです。
Knocki9.jpg
音声認識でも同じようなことはできます。AmazonのEchoや、スマホのSiri、Google Nowなどです。これらも確かに動くが、認識に失敗することもあるじゃないか、あるいは誤認識で関係ない会話をしている時にひろうんじゃないか? 、とKnockiの開発元は言っています。
音声認識が失敗することもあるという点に関しては、現状確かにそうでしょう。ノックを拾う方が安定しているかもしれません。
Knocki30.jpg
Knockiは、PHILIPSの色変えLEDライトHue、Twitter、IFTTT(他のサービスと接続するサービス)、Samsung傘下のSmartThings、gmail、WeMo(コンセントをスマホから操作)などの機器に対応しています。今度さらに増える予定とのことです。ハードウェアは変えずに増やせると思うので、今後期待できるのではないでしょうか。
Knocki8.jpg

まとめ

お値段は$69+送料$25で、$94(約10,200円)です。
2016/7/2まで支援受付中です。

コメント