バーベキューに最適、「マグカップ型」のビール保冷剤 ビアキン

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Beer coolant 1.jpg
ビアキンは、マグカップ型のビール保冷剤です。手で持って飲んでいるときにもビールを冷やせる、というところが特徴です。クーラーから出してもぬるくなりません。
開発元は日本です。

使い方

ビールを冷たく保つには、クーラーボックスを2重にしたり、保冷剤でビールを挟むので、ボックス内に無駄なスペースをとります。
Beer coolant 2.jpg
ボックスから出したビールも、すぐヌルくなってしまいます。
Beer coolant 3.jpg
ビアキンは、保冷剤とビールが合体したまま飲めるので、冷たさを長く保てます。
Beer coolant 4.jpg
四角い形状で、クーラーボックス内に無駄なく収まります。
Beer coolant 5.jpg
吸水性ポリマーを使った保冷効果が、クーラーボックス全体も冷やします。
Beer coolant 6.jpg
ビールをクーラーボックスから取り出し、温度変化を観察するという実験をしました。
ビアキンを使った場合は、一時間たったあと、むしろ元の温度よりも冷たくなるという結果になりました。
Beer coolant 7.jpg
ビールがよく冷える理由は、ビールと保冷剤の接触面積が、保冷剤の上にビールを置くより、約5.4倍増えているからです。
Beer coolant 9.jpg
大量のビールを保冷するには、最初に飲むビールをビアキンに入れて、他のビールをビアキンのそばに置きます。
Beer coolant 8.jpg
1つのビール缶に、2つのビアキンを上下に使うと、全方位から冷やすことができます。
Beer coolant 10.jpg
持ち手部分は保冷ジェル(特殊吸水性ポリマー)が入っていないので、冷たくありません。
Makuake限定カラー(グリーン)もあります。
Beer coolant 11.jpg
ビール好きのための一品ですね。

まとめ

お値段は、2個セットで、2,600円(税込)です。
2016/3/22まで支援受付中です。
https://www.makuake.com/project/doppelgangeroutdoor-2

コメント