絵心不要! 壁にスプレー缶で「印刷」できるプリンター | SprayPrinter

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SprayPrinter1.jpg
SprayPrinterは、壁にスプレー缶で印刷できるプリンターです。プリンターなので、絵心は不要です。
普通のプリンターと違い、大きな壁に直接描けるというところが特徴です。
開発元はエストニア(ロシアとポーランドの隣)です。

使い方

下の写真で、左端に移っている黒い物体がプリンターです。
SprayPrinter2.jpg
プリンターにスプレー缶を取り付けて使います。
SprayPrinter3.jpg
印刷したい絵柄はスマホアプリで選びます。
SprayPrinter5.jpg
あとは缶を取り付けたプリンターを壁沿いに動かしていくと、壁に絵が描けてしまいます。
自分で絵を描いているわけではなく、プリンターが勝手に描いてくれます。絵心は全く不要で、人間は手を動かすだけです。
SprayPrinter4.jpg
こんなかっこいい絵ができあがります。
これだけ見ていると本当か? 自分でお絵かきしないといけないんじゃないか? って感じがしますよね。しかしうまい仕組みになっていて、お絵かきはいらないです。仕組みを知るとなるほど、って感じです。
SprayPrinter1.jpg

印刷する仕組み

今から描くのは、この壁です。
SprayPrinter6.jpg
まずスマホアプリのギャラリーから、絵を選びます。
SprayPrinter7.jpg
スマホのカメラで壁を撮ると、できあがりをシミュレーションしてくれます。
SprayPrinter8.jpg
次にスタンドを壁から離れた位置に置きます。
SprayPrinter9.jpg
スマホをスタンドに置いて、壁を写るように配置し、印刷する場面を撮影します。この印刷している場面をカメラで撮る、というところが重要です。
SprayPrinter10.jpg
スプレー缶を取り付けたプリンターを動かし、印刷していきます。
SprayPrinter11.jpg
実はプリンターにLEDライトがついていて、スマホのカメラでLEDの位置を認識しています。これにより、どこでスプレーの栓を開けるべきかコンピューターが判断しています。
スプレーを吹き付ける位置に来たら、自動で栓が開いて色を塗ってくれるという仕組みです。そのため、人間はただ手を動かすだけで済みます。
SprayPrinter12.jpg
黒色で一通り描き終わったので、スプレー缶を取り替えて色を切り替えます。
SprayPrinter14.jpg
先ほどと同じように手を動かしていきます。色を変えることで、多色カラーで印刷できます。
SprayPrinter15.jpg
そしてできあがったのがこちら。複数色あるときれいですね。インパクトがあります。
SprayPrinter16.jpg
なかなかのできばえ・・。満足してコーヒーを飲んで一服します。
SprayPrinter17.jpg
実演動画はこちら。前置き無しで始まります。


スマホのカメラで位置決めする、というところがおもしろいんじゃないかと思います。ただカメラだけだとセンチ単位の細かい位置はわからないので、プリンター側にも加速度計とジャイロ(角度センサー)を内蔵しています。
多色で塗る場合、既に描いてある部分とミリ単位(センチかも)の位置はずれていると思います。ただそういうずれもアートっぽく見えるみたいです。葉書の宛名を印刷するわけではないので、それでもいいんじゃないでしょうか。

まとめ

お値段は$149+送料$20で、$169(約20,000円)です。
2016/2/18まで注文受付中です。
https://www.indiegogo.com/projects/sprayprinter-21st-century-way-of-designing-walls#/

コメント