2900万円集まった、火打ち石付きのアウトドア用ブレスレット Firestarter Bracelet(ファイアスターターブレスレット)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Firestarter20
Firestarter Survival Bracelet(ファイアスターター・サバイバル・ブレスレット)は、
火打ち石がついたブレスレットです。キャンプで火をおこすときに使います。
言ってみればこれだけなんですが、4613人から約2900万円集まっています。小物グッズとしては、かなりお金が集まった方です。

火打ち石

こちらがそのブレスレット。ぱっと見ただけでは何の役に立つのか? という感じですが、火打ち石がついています。
Firestarter4
火をおこすには、まず周りを片付けます。
Firestarter15
小枝を集め、燃えやすいように折り、やぐらを組みます。
Firestarter16
ブレスレットは、留め具の金具が火打ち石になっています。
Firestarter21
金具を強くこすり合わせると、火花が飛びます。
Firestarter17
これを燃えやすいものの近くで行うと、火がつきます。
Firestarter18
あとは暖を取るなり、料理するなりできます。もちろんマッチやライターで火をつければ済むのですが、そこをあえて人力でするというところがアウトドアっぽくていいんじゃないか、という話です。
Firestarter19

パラコード

ブレスレットの紐部分はパラコードになっています。元々はパラシュート用のより合わせ紐という意味ですが、アウトドアではいろいろ使える万能紐を意味します。
Firestarter21
こちらはカラビナ(フック)+キーホルダー型です。火打ち石はついていませんが、紐の部分はやはりパラコードです。
Firestarter3
パラコードはどういう場面で役立つでしょうか。例えばズボンにキーホルダー型をつけておきます。
Firestarter5
紐の部分をほどきます。
Firestarter6
ほどいた紐で、あたりにあった木を紐で縛ります。
Firestarter7
留め具で固定して・・・
Firestarter8
フードをかぶせます。
Firestarter9
簡易テントができました。強度は低いですが、その辺にあるものを極力使うところがアウトドアというか、サバイバル感があります。
Firestarter10
さらにほどいた紐を枝に巻き付けます。
Firestarter11
周囲の木に投げつけました。
Firestarter12
紐を引っ張り、荷物を地面から持ち上げました。野生動物に荒らされにくくなります。パラコードと一般に言われる紐は、かなりの引っ張りに対する強度があります。
Firestarter13
さらにナイフと枝を紐で巻き付けて、簡易の槍も。ここまで来ると本当にサバイバルですね。
Firestarter14
開発元のBomber & Company(すごい名前ですね・・)は、以前にもKickstarterに掲載していました。ボンバーバレルという爆弾型(?)のバッグでしたが、アウトドアが好きな人に受けたのか、ちょっとしたヒットになっていました。
Firestarter1

まとめ

このグッズは便利というより、道具を使いこなすこと自体が目的、という感があります。ライターとビニール紐で済むところを、わざわざアウトドアグッズを使って達成する・・。その辺がちょっとしたヒットになった要因でしょうか。
お値段は、$15+送料$10で、$25(約3,090円)です。
2015/8/14まで注文受付中です。

コメント