画面効果が印象的! 周囲のぼかし方を調節できる一眼用レンズ Petzval 58(ペツヴァル)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Petzval2
Petzval 58(ペツヴァル)は、人物や物の周囲をぼかせて撮ることができるレンズです。特徴的なのは、ボケ具合を調節できることです。
Bokeh Control Art Lensと名付けられています。bokeh(ボーカー)=ボケ、です。日本語のぼけ由来の英単語です。

使い方

こちらがPetzval 58で撮った写真です。普通の人物写真ですが、周囲がボケて印象的な画面効果が生まれています。焦点距離は58mm単焦点です。
Petzval6
このレンズを使うと、中心へ向かうように見える(正確には円形)ぼけ方をするところが特徴です。人物が非常に強調されます。
一眼レフでも背景をぼかすことはできますが、もっと自然な感じになります。このレンズはある意味わざとらしいぼけ方ですが、インパクトはあります。
Petzval7
ぼかし方はレンズについているレバーで調整することができます。こちらは先ほどよりソフトなぼかし方で撮っています。
Petzval8
モノクロにするとダイナミックな感が生まれます。
Petzval9
こちらもモノクロ。画面外側を強制的にぼかすので、人物の右側も一部ぼけています。
Petzval11
実写ファンタジー映画のような一枚。
Petzval12
もちろん人物だけでなく、鳥にも使えます。
Petzval5

仕様

Petzval 58は、キヤノンのEFマウントとニコンのFマウントという一眼レフ用の規格に対応しています。
Petzval4
ぼかし方の調節は、レンズについているレバーを回転させることで行います。
Petzval10
ピントはネジの部分を回して行います。オートフォーカスではないので、動きのあるもの、一瞬でとらないといけないものには不向きです。
Petzval13
仕組みは下図の通りです。レンズの中心部分では、ピントの合っている場所とセンサーがぴったり一致しているので、ピントがあった画像になります。
しかしレンズ外側では、イメージセンサーの手前の位置でピントがあっています。センサーの位置では、画像がピンボケするというわけです。
Petzval14

まとめ

特殊撮影用のレンズですが、カメラが好きな人は意外と多いようで、6100万円集まっています。
お値段は$525+送料$40で、$565(約69,900円)です。
2015/6/27まで注文受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/lomography/the-lomography-new-petzval-58-bokeh-control-art-le

コメント