日本発、「パイプフレーム」で耳の痛さから解放されるヘッドフォン | VIE SHAIR(ヴィー・シェアー)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

VIE1.jpg
VIE SHAIR(ヴィー・シェアー)は、ワイヤレスヘッドフォンです。パイプフレームになっていて、耳を押さえつけません。耳の痛さから解放されるというところがメリットです。
開発元は日本です。

使い方

こちらがCEOのYAZZ Imamura(今村泰彦)さんです。ジャズドラマーの方です。
VIE2.jpg
ヘッドフォンは移動中でも音楽を聴けるので便利です。しかしそんなヘッドフォンにも不満がある、と述べています。
VIE3.jpg
ヘッドフォンは耳を押さえつけるため、ずっとつけていると耳が痛くなってきます。
VIE4.jpg
また耳を密閉するため、周りの音が聞こえなくなってしまいます。閉塞感もありますね。
VIE5.jpg
そこで考案されたのが、パイプフレームで支えるヘッドフォンです。下の画像で右側が、VIE SHAIRの土台部分です。従来のヘッドフォンと違い、側頭部に接触する部分が最小限になっています。耳の外側から覆うため、痛くならないという仕組みです。
土台の上にヘッドフォン本体をつけると、左のような画像になります。
VIE6.jpg
パイプフレームと本体をくっつけて、内側から見たところ。耳当ての部分が普通のヘッドフォンと違って、パイプフレームになっていますね。
VIE10.jpg
耳の部分が吹き抜けになっているので、ランニングも快適に行えます。
VIE11.jpg
耳を密封していないので、周り音も聞こえます。
VIE13.jpg
しかし、周りの音が邪魔な場合もあります。吹き抜け構造ゆえにヘッドフォンの音が周囲に漏れて、邪魔ということもあります。音漏れしにくいように作ってあるとのことですが、構造上全く漏れないということはないはずです。
そういう時は、パイプフレームの部分をひねると・・
VIE8.jpg
外れるようになっています。
VIE9.jpg
そして遮蔽板がついた土台部分に差し替えることができます。
VIE7.jpg
こちらのモードにすれば、周りの音を遮断して集中したい場合に役立ちます。
VIE14.jpg
オーディオチップにはヤマハのMach-5を搭載しています。チップにはイコライザー機能が搭載されており・・
VIE17.jpg
スマホのアプリから、イコライザーで音を調節することができます。
VIE12.jpg
さらにVIE SHAIRは、音楽を共有する機能を備えています。VIE SHAIRの入力プラグに接続すると・・・
VIE15.jpg
他のVIE SHAIRと音楽を共有することができます。
VIE16.jpg
開発者は、エレクトリック・ランという光るものを見つけて走るイベントを見ていて、音楽を共有できたら楽しいんじゃないか?というアイデアを思いついたとのことです。ヴィー「シェア」、という名前もそこから来ているのかもしれませんね。
画像出典: Flickr
動画はこちら。英語音声、日本語字幕です。

仕様

VIE SHAIRはワイヤレスのヘッドフォンです。通信方式はBluetooth Low Energy、高音質の圧縮方式aptXに対応しています。
ヘッドフォンとしては8時間、送信機としては4時間バッテリーが持ちます。

まとめ

お値段は$199+$25で、$224(約25,400円)です。
2016/4/23まで注文受付中です。

コメント