明暗がドラマチック。普通のフラッシュをワンタッチでスポットライトのように変えるグッズ | MagBeam(マグビーム)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

MagBeam1.jpg
MagBeam(マグビーム)は、普通のフラッシュをワンタッチでスポットライトのように変えるグッズです。

MagMod

MagBeamの開発元がある日思いつきました。冷蔵庫に貼り付けるマグネット。
MagBeam23.jpg
これとキッチンによくあるシリコンを組み合わせれば、便利なのではないか?
MagBeam24.jpg
そうやって生まれたのが、MagModです。今回のMagBeamの開発元が、最初に作った製品です。
MagBeam25.jpg
MagModは、カメラのフラッシュにつけるフィルターです。従来のものと違って磁石で貼り付けるため、つけたり外したりするのが非常に手軽にできます。
MagBeam26.jpg
フィルターの上から簡単にマスクを貼り付けられました。MacBookの電源コードが磁石で張り付くようになっていますが、あんな感じですね。
MagBeam27.jpg
MagModはKickstarterで好評を博し、3500万円集めました。
そして開発元が今回作ったのが、MagBeamです。今回はスポットライトのようにフラッシュを当てられるところが特徴です。
MagBeam28.jpg

MagBeam

このMagGripというアダプタを、カメラのフラッシュに取り付けておきます。フラッシュにワンタッチでオプションを取り付けられるようになります。
MagBeam2.jpg
バッグの中から取りだした、フラッシュ用のレンズ。
MagBeam30.jpg
これをカメラに貼り付けます。磁石で張り付くので、ワンタッチです。
MagBeam31.jpg
手で引っ張ると蛇腹が伸びました。持ち運ぶときは畳まれているのでコンパクトになっています。それでいて取り付けるときは、片手で引っ張るだけです。もう片側はカメラに磁石で張り付いているため、手で押さえる必要がありません。
MagBeam32.jpg
フラッシュ用のレンズというのは既に存在しますが、取り付けるのに若干の手間がかかります。自室で取り付けるなら問題ありませんが、屋外などでとっさに取り付けようとすると、うまくいかないことも・・。
MagBeam29.jpg
MagBeamだと、カメラを構えた状態からでも取り付けることができます。
MagBeam33.jpg
片手作業なので、非常に楽です。
MagBeam34.jpg

MagBeamの効果

取り付けが簡単なのはいいですが、そもそもどういった場合に必要なのでしょうか。フラッシュにレンズを取り付ける、というと不思議な感じもします。
MagBeamのレンズは望遠レンズになっており、フラッシュの光をスポットライトのように変えることができます。これにより、遠くからでもフラッシュを届かすことができます。
MagBeam3.jpg
こちらは普通にフラッシュを当てた場合です。フラッシュの光が拡散してしまうので、MagBeamと比べてかなり近づけないと明るく照らせません。そうなると撮影の構図に制約が入ります。例えば遠くから撮りたいという場合に、角度によってはフラッシュの台が入ってしまうことがあります。
そもそもフラッシュ本体が望遠鏡のようになっていれば、一点集中にすることができます。しかし普段はそれだと邪魔です。そこでつけ外しが簡単にできるBagBeamが役立ちます。
MagBeam4.jpg
フラッシュというと夜間や室内の撮影を思い浮かべますが、それだけではありません。自然を撮りたいとき、うまく太陽の光が当たっていないという場合も当然あります。そういう場合にもフラッシュが役立ちます。
野生動物は近づくと逃げてしまうことも多いので、遠くから光を当てられるMagBeamが役立ちます。下の写真では、左が普通のフラッシュ、右がMagBeam使用です。鳥が明るくなっていますね。
MagBeam5.jpg
動物は撮らない、という場合にももちろんMagBeamは役立ちます。例えば人物を照らす場合、MagBeamでスポットライト効果を与えることができます。明暗がはっきりしたドラマチックな写真を撮ることができます。
逆に言えばスポットライトなので、全体を照らすような用途には不向きです。そういう場合は大出力の明るいライト+ディフューザー(光りを拡散させる道具)です。(KickstarterでもSunDiscというのがありました)
MagBeam11.jpg
フラッシュを使わない場合が下の写真。これは極端な例ですね・・。わざわざこんな暗い場所で撮らなければ済む話なので。あくまでMagBeam説明用に作った写真ですね。
MagBeam12.jpg
ライトの絞り方は、ジャバラ部分をどれぐらい伸ばすかで変えることができます。
MagBeam15.jpg
ジャバラを伸ばすと、光りの範囲が狭まります。
MagBeam17.jpg
さらにマスクも用意されています。これをフラッシュに取り付けると・・
MagBeam18.jpg
あら不思議。光が水玉のようになりました。ファッション雑誌みたいですね、かっこいい仕上がりになりました。
MagBeam19.jpg
マスクはいろいろ用意されています。例えばこの縦スリットだと・・
MagBeam21.jpg
スタイリッシュな感じに仕上がりました。おもしろいですね、ちょっと光を遮っただけでかなり印象が変わりました。
MagBeam22.jpg

仕様

アダプタ部分は伸びるようになっています。これにより、いろんなフラッシュに取り付けることができます。
MagBeam36.jpg
このニコンのフラッシュや・・
MagBeam37.jpg
キヤノンのフラッシュにも使えます。どちらも同じMagGripです。
MagBeam38.jpg

まとめ

お値段は$70+$15で、$85(約9,600円)です。MagBeam(ジャバラ)、MagGrip(アダプタ部分)、フラッシュ用望遠レンズのセットです。
マスク付きのセットもあります。
2016/4/15まで注文受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/spencerboerup/magbeam-fresnel-lens-flash-extender-gobos-by-magmo

コメント