まるで歯医者の詰め物。ライトで固めてプラスチックを修理できるキット | BONDIC(ボンディック)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

bondic20.jpg
BONDIC(ボンディック)は、UVライトで固めてプラスチックを修理できるキットです。まるで歯医者の詰め物みたいです。
ケーブルなど、身近なものを手軽に修理できます。
掲載サイトは日本のMakuakeです。

使い方

本体はスティック型で、専用のUVライトと液体の入っている部分があります。
bondic2.jpg
液体は付属の専用ライトをたった4秒当てるだけで固まります。
bondic3
ガラス、金属、木、布、紙、プラスチック、セラミックなど多くの素材に対応しています。
ただし、表面がツルツルした素材はくっつきません。
表面をやすり等で粗くするか、接合面に穴を空けるなどの加工をしてください。
bondic4.jpg
はんだ付けやグルーガンとは違い高温状態にならないので、様々な素材に利用できます。
破損したiPhone(アイフォン)の接続ケーブル等の修復が自分で簡単にできます。少しの傷や破れなどで買い換える必要が無くなります。
bondic5-1.jpg
パーツが欠けてしまった釣竿もBONDIC(ボンディック)なら修復できます。
bondic5-2.jpg
固めた後のプラスチックは削って加工することで微妙なサイズや形にも対応します。
欠けたり無くしたりしてしまった部品を補うのにも便利です。
BONDIC(ボンディック)を1mm塗って固めたら再度上塗りする、という工程を繰り返すと成功しやすいくなります。
bondic6-1.jpg
BONDIC(ボンディック)を型に流し込んで固めた後、形を整えて着色すれば、ラジコンのパーツも作れます。
bondic6-2.jpg
接着する位置に液体をあらかじめ塗っておいて、しっかりとあてがってから固定することができるので、瞬間接着剤のように乾いてしまうことに焦って手元が狂う心配がありません。逆さまにしても垂れにくいです。
固まると透明になるのでジュエリーパーツの接着にも最適です。
bondic7.jpg
固まる前にカラーパウダーを混ぜれば色付けも可能です。
bondic8.jpg
UVライトを当てる前でも防水性があります。
例えば水草の根元にBONDIC(ボンディック)を塗り、水底に置いてからライトを当てて固定することも可能です。
bondic9.jpg
人体に安全なので、コップなどの食器類にも使用できます。硬化後は食器洗い機でも洗えます。
bondic10.jpg
他の接着剤には無い用途の多さがとても魅力的な製品です。
部品が欠損した場合、取り寄せても本体ごと買い換えても、たいてい割高になってしまうので、BONDIC(ボンディック)で代用にできればとても便利ですね。
開発は海外メーカーですが、国内販売の仕掛け人がぺんてるの元社長ということなので、今後の販売経路拡大にも期待できそうです。
pentel.jpg

まとめ

お値段はBONDIC(ボンディック)スターターキット1セット2,400円、国内送料無料です。
スターターキットの内容はプラスチック液、専用UV LEDライト、専用収納ケース、日本語版簡易説明書です。
2016/2/26まで注文受付中です。
https://www.makuake.com/project/bondic

コメント