ウインクするだけで、今自分が見ている風景をそのまま残せるカメラ | BLINCAM(ブリンカム)

admin




Blicnam1.jpg

BLINCAM(ブリンカム)は、ウインクするだけでシャッターを切れるというカメラです。メガネに取り付けて使います。

開発元は日本です。

使い方

BLINCAMはメガネに取り付けて使うカメラです。

Blicnam8.jpg

メガネに取り付けるとこんな感じになります。サイズが小さいためか、あまり不自然ではないですね。

Blicnam2.jpg

BLINCAMをつけて道を歩いて行きます。

Blicnam11.jpg

するとベンチに男性がいました。

Blicnam12.jpg

男性に向かってパチリとウインクしました。すると・・・

Blicnam13.jpg

男性の隣にいた犬の写真を撮ることができました。撮りたかったのは実は犬の方でした。

このようにBLINCAMはカメラをバッグから取り出して構える必要も無く、撮りたいときにいつでも撮影できることが特徴です。

Blicnam14.jpg

あるいは、料理のように両手がふさがっている場面でも役立ちます。作っている最中の場面を撮影してFacebookやTwitterに投稿したい。そんなときにウインクすれば・・

Blicnam6.jpg

こんな写真が撮れます。クリーム絞り袋を手に持った場面の撮影は、確かに普通ならできないです。

Blicnam17.jpg

開発のきっかけは、開発元のCEOが子供の自然な場面を撮りたいと思ったことです。カメラを構えてしまうとポーズや表情を作ったりしてしまう、でもありのままの写真を残したい。

Blicnam9.jpg

そこで生まれたのがBLINCAMです。目の隣にカメラがあるので、見ている景色をそのまま撮ることができます。

ウインクすればいつでも撮れるので、大事な場面を取り逃しにくいというメリットもあります。

Blicnam16.jpg

BLINCAMはサイクリングの時にも役立ちます。

ただしカメラぶれはスマホと同様に発生するので、撮影時には止まる必要があります。それでもカメラを出して構えるという動作は不要になるので、メリットはあると思います。

Blicnam18.jpg

撮影した写真はスマホアプリから簡単にSNSへ投稿できます。

Blicnam15.jpg

動画はこちら。

仕様

重さ: 25g
カメラ: 500万画素
バッテリー: 待機8時間、撮影しながらだと4時間
アプリ対応OS: iPhone 5以降、Android 4.3以降
保証期間: 1年間

フレームが極端に細いものや太いものを除いて、大抵のメガネには取り付けできるとのことです。

Blicnam20.jpg

ウインク認識の精度は現状90%とのことです。10%の割合で、自然に起きるまばたきにも反応して写真を撮ってしまいます。

ただ間違えて撮ったとしても後から消せば済む話なので、あまり大きな問題ではないと思います。製品をリリースするまで改良は続けるとのことです。

まとめ

お値段は18,000円です。

2016/9/29まで支援受付中です。
https://www.makuake.com/project/blincaminc

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons