バイクのヘルメットにワイパーを後付け。雨の日も視界安心? | WiPEY(ワイピー)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自動でフロントグラスの水滴を取り除くワイパー、これをバイクのヘルメットに着けようというのが、このWiPEY(ワイピー)です。

使い方

WiPEYはバイクのヘルメットに取り付けて使います。WiPEYにはボタンがついており、ボタンを押すと・・・
WiPEY7.jpg
雨でついた水滴をぬぐってくれます。
WiPEY8.jpg
ヘルメットの中から見るとこうなります。下の写真では水滴がついて見づらい状態ですが・・・
WiPEY9.jpg
ワイパーが作動して水滴を除去してくれました。
WiPEY10.jpg
邪魔な水滴がなくなって見やすくなりました。
WiPEY11.jpg
動画はこちら。
2
一応、ヘルメットのバイザー下側にワイパーをつけることもできます。車のワイパーはこうなっていますね。
WiPEY13.jpg
操作はボタン一つのみです。ワイパーのオンオフ、作動間隔を変えることができます。
ボタンを押すとワイパーが一度だけ動作します。長押しするとワイパーが継続的に動作します。継続動作中にボタンを押すと、作動間隔の変更ができます。もう一度長押しでオフになります。
WiPEY3.jpg
ヘルメットの上部にまで手を持っていくのが面倒だ。そういう場合のために、オプションでワイヤレスボタンも用意されています。ハンドルに取り付けることで、手元の操作だけでワイパーをオンオフできます。
WiPEY6.jpg
動作には乾電池を使います。電池の種類によりますが、3時間から12時間まで持つとのことです。
WiPEY15.jpg
WiPEYの取り付けるには、まずマウント用のパーツをヘルメットに固定します。付属のネジで締めて固定するか、3Mの強力両面テープでしっかり固定します。
WiPEY16.jpg
マウントアダプターにWiPEY本体を取り付けます。アダプターを固定してあれば、装着と取り外しは一瞬でできます。
WiPEY4.gif
横から見るとこのような感じで取り付けられます。
WiPEY12.jpg

まとめ

お値段は$89+送料25で、$114(約12,200円)です。
2019/7/24まで支援受付中です。

コメント