手で回してインターネット越しに対戦できるルービックキューブ。アドバイス機能も | GoCube(ゴーキューブ)

admin




GoCube1.jpg

GoCube(ゴーキューブ)は手で回してインターネット越しに対戦できるルービックキューブです。色をそろえるためのアドバイス機能もあります。

使い方

世界中で根強い人気のあるルービックキューブ、しかしなかなか簡単には色をそろえられません。だからこそ挑戦し甲斐があるとも言えますが、それにしても難しい・・・。解説動画を見ながらやってみても、

GoCube8.jpg

動画とずれてしまってうまくいかなかったり。

GoCube17.jpg

この男性はイライラしてキューブを投げ出し、ついでになぜか隣に置いてあるジェンガも崩してしまいました。

GoCube18.jpg

そんな難しいルービックキューブを、テクノロジーで手助けしてくれるのがこのGoCubeです。ルービックキューブは登録商標なので、正確に言えばGoCubeは「キューブ」の一種です。

GoCube9.jpg

GoCubeはセンサーがついており、現在の色や向きをコンピューターで認識しています。

GoCube19.jpg

GoCubeを回転させて色を変えると・・・

GoCube20.jpg

アプリ上に表示されているキューブの色も変わりました!

GoCube21.jpg

このようにGoCubeはコンピューターと連動することで、

・どう回せば揃えられるかヒントをくれる
・インターネット越しに知らない人と対戦できる
・色をそろえるまでに時間を計測してトレーニングできる

といったことができます。

GoCube4.jpg

完全に自力で色をそろえようとしても難しいですが、アプリのヒントを見ながらプレイすることで・・・

GoCube10.jpg

初心者がキューバー(ルービックキューブ熟練者)になれると開発元は言っています。(もちろん練習を積めばですが・・・)

GoCube11.jpg

ではもともとキューバーだった人には意味がないのか? 開発元はGoCubeで鍛えることで、モンスターになれるぞと言っています。

GoCube12.jpg

GoCubeはヒントをくれるだけではなく、クリアにかかった時間を計測してくれます。自分がどれだけうまくなったかを数値で見ることができます。まるでスポーツのトレーニングですね。

GoCube15.jpg

さらにリーダーボードもあり、スコアを世界中で競うことができます。

GoCube16.jpg

自分でスコアを競うだけでなく、他人と対戦することもできます。インターネットで自動的に対戦相手を探して、どちらが速くクリアできるか競うことができます。

GoCube13.jpg

GoCubeは二つのモデルがあります。通常版はGoCubeを回転させても、アプリに反映されるまでに0.25秒の時間差があります。下の写真を見るとGoCube自体は回転しているのに、画面上ではまだ回転していません。

GoCube20.jpg

GoCube Edge版は時間差が0.001秒となっており、反応性が高いです。クリア時間を競うリーダーボードはEdge版のみ対応しています。ごくわずかな時間差を競うので、0.25秒も差があると不都合があるということでしょうね。

インターネット対戦はどちらのバージョンでも可能です。

GoCube22.jpg

まとめ

お値段は標準バージョンが$59+送料$7で、$66(約7,200円)です。

2018/8/9まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/1928372437/gocube-the-classic-puzzle-reinvented

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons