これはヤバい…USBポートを電気的にぶっ壊して再起不能にする、乱暴なセキュリティグッズ | USB KILLER

スポンサーリンク
スポンサーリンク

USB KILLER1
USB KILLERは、コンピューターのUSBポートを電気的に破壊し、二度と使えなくしてしまうという恐ろしいグッズです。
USBメモリからの情報流出が問題になることが多いですが、そもそもポート自体使えなければ漏れないじゃないか、という発想です。そりゃーそうなんですが・・。
開発元はロシアです。

使い方

使い方は非常に簡単です。USBポートに刺すだけです。
USB KILLER2
USB規格を完全に無視した高電圧を流し、再起不能にしてしまいます。
USB KILLER3
本体はコンデンサーを大量に搭載しており、高電圧を発生させるようになっています。
USB KILLER22
しかし本当に使えなくなるのか・・? それを開発者自らが検証しています。
まずは普通のUSBメモリーを刺します。
USB KILLER13
当然ながら普通に中身のフォルダーが見えます。
USB KILLER14
そして問題のUSBキラー(笑)を刺します。
USB KILLER15
刺すと自動的に動作します。これも怖いですね…USBメモリと間違えて刺したらその時点でオワってしまいます。
数秒間待ちます。一見何も起こっていないのですが……
USB KILLER16
USBキラーを抜いて、USBメモリに差し替えます。
USB KILLER17
無事(?)認識しなくなってしまいました……。
USB KILLER18
しかしなかなかしぶといらしく、USBメモリを刺し直していると認識してしまいました。
USB KILLER19
もう一発、高電圧を食らわせます。
USB KILLER20
今度こそばっちりお釈迦になりました……!! グッジョブ!! もうこれでこのノーパソのUSBポートは使い物になりません。まあ運が悪いとノーパソ本体ごとぶっ壊れると思いますが……。怖すぎる。
しかしセキュリティの実験なのになぜWindows XPなのか?と最初思ってしまいましたが、最新機種をぶっ壊したらもったいないからでしょうね。
USB KILLER21
USBキラーのロゴもよく見ると、墓場のようなデザインになっています。USBのマークのようにも見えるのですが、ケーブルの部分が十字架になっており、よく見ると根元も盛り土になっちゃってます……。間違えた方向に進化してしまった……。
USB KILLER5

説明動画がおかしなことに…

このようにUSBキラーは、ポートそのものを破壊してしまうことで情報流出を防ぎます。
USB KILLER11
説明動画は、ここでなぜか唇のアップ・・。
USB KILLER12
「グッドボーイ」と言いつつキス。
USB KILLER6
「私は大人の女性なので、情報の保護についても考える必要があるわ」とナレーションが入ります。しかしなぜか顔ではなく、胸にカメラが向いています。
USB KILLER7
「USBキラーは便利な方法だと思います」 やっと顔が写ったかと思うと……
USB KILLER8
また胸か!w しかしナレーションは何事もないかのように、しれっと「ノートパソコンをどこにおいても安心ですね」と続けます。
USB KILLER9
「オフィスなどでも安心できます」 やっとまともになったかと思うと……
USB KILLER10
今度は脚か!w もはやノートパソコンすら写っていません。一体何の説明をしてるんだか……。
USB KILLER4
プロジェクトページの先頭に出ている画像を見返すと、足を組んでやたらと真っ赤な口紅をつけています。美容グッズじゃあるまいし、セキュリティに何の関係があるのか……w
USB KILLER1
説明動画はぱっと見はイラスト風なので気がつかなかったのですが、どうもネタになってるみたいです。普通に説明しているふりをしつつ、よく見るとおかしいという凝ったテクニック・・。

まとめ

なんとも乱暴極まるグッズですが・・。こんなものを本当に作ってしまうとは、ロシア連邦恐るべし。大手セキュリティ企業カスペルスキーが生まれたのも、こういった(?)セキュリティ意識からなのかもしれませんね。
お値段は$99+送料$17で、$116(約14,200円)です。
2015/11/22まで注文受付中です。
https://www.indiegogo.com/projects/usb-killer–2#/story

コメント