高さ24cmのものまで印刷できる光造形3Dプリンター Titan 1(タイタン1)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

titan1
Titan 1(タイタン1)は、光造形方式の3Dプリンターです。光造形というのは、光を当てて樹脂を固めることにより物体を作る方法です。フィラメントを溶かす方式に比べて仕上がりがなめらかというメリットがあります。
従来の光造形3Dプリンターとの違いは、以下の通りです。
・高速
・高分解能(できあがりが細かい)
・低価格
・高さ24cmまで作れる
髪の毛との比較できるぐらいできあがりが細かいです。エッフェル塔の網の目部分もきれいにできています。
f584e38cd4b41f5328dbfb3aeac685b9_large
バットマンや千手観音。
cde2b14aec97e1a0200c86defe64ac0e_large
自由の女神や花瓶。こういう高さがあるものは、Titan 1に最適ですね。0b0072752351fa55fe728bf458a94cf9_large

スペック

e7e95ce2f9d29fd611b0ff5b2374426e_large
比較表の左端の列がTitan 1です。他と比べれば安いですが、それでも$1899(約19万円)します。
このカタログスペック通りに動作するなら、縦方向の分解能はB9Creatorの5倍です。細かいですね。
e0e30780c0a970e9a910b56c51a75f09_large
光造形3Dプリンターは、できたものがトレーにくっついてしまい、はがすときに傷みやすいです。Titan 1ではトレーを改良しており、うまくはがれるとのことです。PSP(passive self-peeling)と名付けています。受動的に自分からはがれる、という意味です。
このトレーにはテフロンを使っています。フライパンなどで汚れがつかないという技術です。

まとめ

Titan 1は光造形3Dプリンターです。解像度が高く、高さが24cmまで作れます。
2014/6/27まで注文受付中です。

コメント