スマホ画面を天井に映写。寝ながらぼーっと眺められるグッズ | DreamMe(ドリーミー)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

dreamme1
DreamMe(ドリーミー)は、スマホの画面を天井に映し出してくれるプロジェクターです。
ドイツのデュースブルクで開発されました。

使い方

カメラのレンズのような形をしたDreamMeをスマートフォンの画面に載せて天井に向けると、このように映し出されます。実際の使用状況と同じく部屋を暗くしているので、見づらいですが・・。
dreamme2
このように羊を数えるアニメーションが流れ、快眠促進をしてくれます。羊を数えられますね!
dreamme3
iOSとAndroidの両方に対応の無料アプリがあり、羊を数えるためのイラストを表示することができます。
それ以外にも、時刻と日付、現地の天気、メッセージ、アラームとアラームの自動オン・オフを表示することができます。明るさ調整も可能です。日時と天気、未読メールの件数、Twitterの新着ツイートなども表示できます。あんまりあれこれ出されると眠れなくなりそうですが。
dreamme4
ベッド近くでスマートフォンを使うと、明るいので隣の人の迷惑になります。DreamMeは天井に向けるので、隣の人が寝る邪魔になりません。
dreamme5
フォーカスリングがついており、リングをひねると天上の高さに応じてピントを調節できます。
dreamme6
旅行先でも大活躍してくれます。
dreamme7
デザインはホワイトとブラックのボディ、そしてフォーカスリングにはグリーンとオレンジから選ぶことができます。
dreamme8
天井の羊を数えると、うとうとできそうかもしれません。

まとめ

お値段は€22+送料€8で、計€30(約4,000円)です。
2015/9/24まで注文受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/675453850/dreamme-is-the-new-companion-for-your-smartphone-a

コメント