2016年、クラウドファンディングであった奇妙なガジェット7選

admin




tsuruetoushi12_TP_V.jpg

今回はガジェ獣Advent Calendar 2016の6日目です。

Kickstarterというと、ニュースにもなったOcculus RiftやPebbleがお金を集めたサイトです。もちろんそういった真面目なプロジェクトもたくさんあるのですが、いったいこれで何をするのか?という奇妙なものもあります。

今回は2016年にあったおかしなプロジェクトを紹介します。最初はクラウドファンディングで手に入れたガジェットのレビューをしようと思っていたのですが、自分では極端なものは持ってないので、この方がいいかなと。

プロジェクト

暑い日にリュックを背負って長時間歩いていると、背中が蒸れます。そんなときにリュックを外して一休みすると涼しいです。

じゃあファンで自分の背中を空冷してしおう!!というのがこれです。ファンは3基ついており、なかなか豪勢です。デスクトップPCみたいです。確かにすずしいかもしれないですが・・。

・自分の「背中」を空冷する。電動ファンを搭載したバックパック iCoolPack

自分の「背中」を空冷する。電動ファンを搭載したバックパック iCoolPack

現代の代表的ガジェットといえばスマホじゃないでしょうか。しかしいろいろなことができるゆえに、スマホが手元にあると集中でき中、ということがあるかもしれません。

そこでスマホを一定時間取り出せないようにする金庫がこれです。緊急時の解錠用にバール(鉄のてこ)というオプション品もあります(笑)。まあ壊れて二度と使えなくなりますが・・。

・気が散らないよう、自分で一定時間スマホを「封印」するグッズ DistractaGone

気が散らないよう、自分で一定時間スマホを「封印」するグッズ | DistractaGone(ディストラクタゴーン)

空中から写真を撮りたい、と思ったらどうしますか? ドローンを使うというのが第一選択じゃないでしょうか。

しかしこれは違います。GoPro(カメラ)を空中にぶん投げます。本体は落ちても壊れないように緩衝材でくるまれています。発想の転換ですね!

・ドローン不要! 空中にブン投げて、GoProで無理矢理空撮するグッズ AER

ドローン不要! 空中にブン投げて、GoProで無理矢理空撮するグッズ | AER(エアー)

自転車で走っていると感じる風。なら風で発電できるだろう、というのがこれです。

発想そのものはストレートなのですが・・見た目が仮面ライダーの変身ベルトみたいです。スマホが充電できたとしても、これをつけて乗るのはかなり勇気が要ります(笑)

・まるで特撮の変身ベルトで変・・自転車に取り付ける発電用風車 Drill Turbine

まるで特撮の変身ベルトで変・・自転車に取り付ける発電用風車 | Drill Turbine(ドリルタービン)

アメコミのフィギュアみたいですが、ポリゴンを組み合わせた変わったデザインになっています。実はこれ、Bluetoothスピーカーなんです。

高さは30cmもあって、やたらとゴツいです。その代わり迫力は満点です。音を鳴らすだけなら要らないのですが・・こういうのもありでしょうか?

・なんだこりゃ? アメコミヒーローみたいなフィギュアが実は・・ K Heroes

なんだこりゃ? アメコミヒーローみたいなフィギュアが実は・・ | K Heroes

IllumiBowlはトイレの装飾グッズです。しかし普通のインテリアと違い、便器の中をライトでカラフルに照らします。

確かにきれいかもしれないですが・・謎グッズです。ほしいという人が一定数いるようで、改良版の2.0が出ています。

・トイレの便器を光らせる謎グッズに、改良版が登場 IllumiBowl 2.0

トイレの便器を光らせる謎グッズに、改良版が登場 | IllumiBowl 2.0(イルミボウル)

最後はこちら。朝起きるのがつらい、なかなか目が覚めない・・そんな人のための最終兵器です。自分に電撃を食らわせて、強制的に目を覚まさせるという凶悪な目覚ましです。

一見すると、とてもネタグッズっぽいです。しかし利用者のインタビューを見ていると「どうしても目が覚めなかったけど、これで起きられるようになった」と感謝の言葉を述べている人もおり、意外と実用性があるようです。起きられない体質の人には役立つかもしれません。普通の人には不要だと思いますが・・。

・目が覚めるまで電撃を食らわす、最凶の目覚まし時計 Shock Clock

目が覚めるまで電撃を食らわす、最凶の目覚まし時計 | Shock Clock(ショッククロック)

最後に

2016年に限っても、今回紹介しきれなかった面白いものがたくさんあります。クラウドファンディングは、良くも悪くも刺激的な場だと思います。

 

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons