自作 Archive

0

ネジ山が潰れたものでも回すことができる電動ドライバー用ビット(先端) | KNIFE EDGE BIT(ナイフ・エッジ・ビット)

古くなってさび付いてしまったり、ネジ山が潰れてドライバーで回せなくなった・・。そんな悩みを解消するために編み出されたのがこちら。 KNIFE EDGE BIT(ナイフ・エッジ・ビット)は、痛んだねじでも締めたり、緩めたり […]

0

値段2万3千円、緑のレーザーを使い低価格ながら高精度な3Dスキャナー | eora 3D(イオラ)

eora 3D(イオラ)は、3Dスキャナーです。 特徴は3Dスキャナーとしては値段2万3千円と低価格であること、緑のレーザーを使っていることです。 使い方 開発者のKorudiさんは3Dスキャナーを探していました。しかし […]

0

レンチのようにテコの原理で閉められるネジ回し BiTool(ビッツール)

BiTool(ビッツール)は、レンチのようにテコの原理で閉められるネジ回し です。。 使い方 何かが壊れて修理しなければならないという、いざというときに必要になる道具箱。しかしちょっとした修理をするときに大きな道具箱を常 […]

0

Bluetoothとバッテリー内蔵のArduino、ワイヤレスだからこそおもしろい |LightBlue Bean+(ライトブルー・ビーンプラス)

LightBlue Bean+(ライトブルー・ビーンプラス)は、ワイヤレスで使えるArduinoです。 普通のArudinoとの大きな違いはワイヤレスという点だけですが、これだけで使い道が広がります。 使い方 こちらがB […]

0

斧にも技術革新! 自力で家を作った苦労から生まれたアイデア New Leveraxe(ニュー・レバーアックス)

New Leveraxe(ニュー・レバーアックス)は、回転を加えて効率的に切ることが出来る斧です。今まであまり注目されなかった道具にも技術革新をしよう、という試みです。 500人から約700万円($57,000)集まって […]

0

既存の3Dプリンターで、4色のフィラメントを使えるようにする装置 The Palette(ザ・パレット)

The Palette(ザ・パレット)は、既存の3Dプリンターで、4色のフィラメントを使えるようにする装置です。3Dプリンターの改造は不要、というところがポイントです。 3Dプリンターは印刷時にフィラメントという原料を使 […]

0

3Dプリンターで作った物体を、銅でテカテカにメッキする装置 Orbit1(オービット1)

Orbit1(オービット1)は、個人で使える電気めっき装置です。3Dプリンターで出力した物体を、銅やニッケルでコーティングしてテカテカにできます。 ただ個人で使えるといっても、廃液処理に困るので難しいですが・・。とはいえ […]

0

4種類に構築可能、卵の上やホワイトボードにお絵かきするロボット mDrawBot(mドローボット)

mDrawBot(mドローボット)は、卵の上やホワイトボードにお絵かきしてくれるロボットです。 4種類のロボットとして使うことができます。ただし種類を切り替える時は、自分で組み立て直します。作者はトランスフォーマーみたい […]

0

大きさ4cm、手でつまめる大きさのWifi搭載Linux Onion Omega(オニオン オメガ)

Onion Omega(オニオン オメガ)は、非常に小型のLinuxコンピューターです。大きさは2.8cm x 4.2cmです。 小型ながらもWifiを搭載しており、クラウドなどにデータを送ることが出来るのが特徴です。 […]

0

個人的な理科実験用? ワイヤレスの加速度、温度、気圧センサー PocketLab(ポケットラボ)

PocketLab(ポケットラボ)は、ワイヤレスの加速度、磁気、温度、気圧センサーです。測定したデータはスマホで読み取ることができます。 個人的実験や教育目的を意図しています。図解アリエナイ理科ノ教科書のような感じでしょ […]
Show Buttons
Hide Buttons