1台のスマホで、2つの電話番号から着信できるようにするグッズ PIECE(ピース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

piece1
携帯電話を2本持っていると、使い分けるのが面倒です。ポケットに入れるにしても2倍場所を食います。じゃあ1つのスマホで2つの番号(SIMカード)を使えるようにできないか?ということで考案されたのがこのPIECE(ピース)です。
一つのスマホで両方の電話番号を同時に待ち受けできます。(デュアルアクティブSIMに近い状態です)
ただし、対応している電波はGSM(2G)のみで、日本国内では使用できません。ただ海外に行く時に便利かもしれません。

使い方

PIECEをつかうには、まず2本目の携帯からSIMカードを抜き出します。
PIECE5
抜いたSIMカードをPIECEに挿します。
PIECE4
スマホとPIECEをBluetooth(無線)で接続すれば完了です。
PIECE7
これで2本目の携帯は用済みです。
PIECE6
プライベート用の電話番号にかかってきました。
PIECE8
当然ながら普通に話せます。
PIECE9
今度は仕事用の番号に、ボスから電話がかかってきました。でも電話を持ち帰る必要はありません。1つのスマホでできます。
PIECE10
かかってきましたが、気づかないふりをしてしまえ! ということで画面を切ってしまいました。いいのかそれは・・。
piece20
専用アプリでは、両方の番号の連絡先をバラバラに管理することができます。ごっちゃにならないので便利ですね。
piece21
PIECE自体は財布やカバンの中に入れておくだけで使えます。無線でスマホと接続されているので、取り出す必要はありません。
ここが携帯2本持ちに対するメリットですね。なんかカバンで着信音が鳴っている??みたいなことを気にする必要がありません。
PIECE2
PIECE(上側)は非常にコンパクトで邪魔になりません。
PIECE3
さらにスマホ置き忘れ通知機能も付いています。スマホを忘れてそのまま立ち去ってしまっても・・
piece20
PIECEから音がなって、忘れたことを通知してくれます。オマケ的な機能ですが、あって損はないです。
piece21

仕様

対応OSはiOS 7.1以上です。Androidは未対応です。
電波は2Gのみです。3G対応だったら日本でも使えたんですが・・。GSM(2G)のみになっているのは、部品が非常に安く調達できること、対応している国が多いこと、だと思います。
海外にスマホを持って行った時、
・現地SIMをスマホに刺す (地図などデータ通信用)
・日本のSIMをPIECEに刺す (通話用)
という使い方はできるかもしれません。この場合PIECE側はローミングすることになります。できそうとは思いますが、確証はないです。

まとめ

お値段は$65+送料$15で、$80(約9,920円)です。前述の通り、日本国内では使えません。
2015/9/10まで注文受付中です。

コメント