ミラーレスや一眼に、後付けでHDR撮影や風船が割れる瞬間を撮れるようにするカメラガジェット FLEX (フレックス)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Pic1.jpg
FLEX (フレックス)は、スマホで操作できて、手軽に高度な撮影ができるカメラガジェットです。ミラーレスや一眼レフカメラに取り付けて使います。

使い方

従来、タイムラプスや長時間露光、ハイスピード撮影など、高度な撮影を行うには高度なテクニックが必要でした。ですが、このFLEX (フレックス)をカメラに取り付ければ、高度な撮影が手軽にできるのです。しかも、操作はスマホから行えます。
Pic2.jpg
使い方は簡単です。このガジェットをカメラにケーブルで接続し、スマホにアプリをダウンロードすれば準備完了です。こうすれば、スマホの画面からガジェットを操作することができます。
Pic3
タイムラプスの撮影が容易にできます。昼から夜、夜から昼へと変わっていく風景のタイムラプスでも、カメラをセットし、スマホで指定するだけで撮影できます。
Pic4.jpg
タイムラプスに使用される写真を一枚一枚確認することができます。
Pic5.jpg
さらに、HDR撮影も可能です。この場合は同じ被写体を、露出(明るさ。正確に言うと絞りとシャッタースピード)を変えて撮影します。
Pic6.jpg
そうやって撮った複数の写真を、被写体の位置ずれを補正して1枚の写真に合成し、美しく仕上げます。
通常、暗い部分がきれいに映った写真は、明るい部分が真っ白になってよく見えないです。
逆に明るい部分がよく見える写真は、暗いところが真っ黒になります。
露出を変えて撮った写真を合成することで、、暗い部分も細部まで写る、明るい部分も細部まで写る、いいとこどりの写真が作れます。
スマホについていますが、これをミラーレスや一眼レフカメラに後付けで行えます。
Pic11
長時間露光写真も、スマホから設定するだけで撮影することができます。
Pic7.jpg
ハイスピード撮影も手軽にできます。スマホでハイスピード撮影を指定し、被写体を落としてレンズの前をよぎらせます。
Pic8.jpg
これだけで、このような写真が撮れるのです。
Pic9.jpg
また、風船が割れる瞬間を撮影して、このような写真を撮ることもできます。
Pic12
ハイスピード撮影の際、このガジェットからレーザーが発射されます。このレーザーが、被写体によって遮られたことがトリガーとなって撮影が行われます。
この場合、マカロンを落としたことでレーザーが遮られるので、落ちた瞬間を撮影することができるのです。反対に、割れる風船を撮影する場合は、風船が割れることでレーザーを遮るものがなくなることがトリガーとなるのです。
Pic10.jpg

まとめ

お値段は$239+送料$15で、$254 (約26,200円)です。
2021/1/8まで支援受付中です。

コメント