ノートPCほどのサイズに折りたためる電動キックスクーター BooZter

スポンサーリンク
スポンサーリンク

pic1.jpg
BooZterは、超コンパクトに折り畳むことができ、持ち運びや保管に便利な電動キックスクーターです。

使い方

一般的な電動キックスクーターは折り畳んでも長さがあるため、持ち運びに少し不便です。
BooZterは電動でありがなら、折り畳むと26cm×47cmとノートPCほどのサイズになるため、リュックなどに入れて簡単に持ち運ぶことができます。
pic2
重量は約6.5kgと、一般的な電動キックスクーターの約2分の1の重さしかありません。
pic3.jpg
折り畳みも非常に簡単で、足場を畳んでハンドルを折りたたむだけです。
10秒ほどでコンパクトにまとめることができます。
pic4
折り畳むと、脚を載せている部分が内側に入ります。
持ち運んでいるときに、汚れが手や服、バッグなどにつかないように配慮されています。
pic5.jpg
標準的に搭載されているバッテリーを、TSAガイドラインで認められているバッテリーに変更することも可能です。
このバッテリーは標準バッテリーに比べるとパワーは劣りますが、このバッテリーがあれば飛行機を使っての旅行先にも持っていくことができます。
pic6.jpg
ノーパンクタイヤなのでパンクの心配がありません。
pic7.jpg
また、直径約20cmと一般的な電動キックスクーターより大きめのタイヤが使用されており、小さな段差やくぼみでもよりスムーズな走行が可能です。
pic8
スクーターの両サイドに足置きが用意されており、そこに足を載せて走行します。
ボードに足を載せる一般的なキックスクーターよりもバランスがとりやすく、より操作しやすく設計されています。
pic9.jpg
フロントとバックにはライトがついています。
pic10.jpg
フロントライトは300ルーメンと非常に明るいので、夜間の走行でも安心です。
pic11
非常時のライトとしても使用することができます。
pic12.jpg
BooZterは、2時間でフル充電が完了します。標準バッテリーの場合、満充電で約20kmの走行が可能です。
pic13.jpg
Androidスマホやマックブックなどと同じタイプCの充電器で充電できます。
充電ポートの右側にはUSBポートがあり、スマホ等に繋いでデバイスの充電を行うことも可能です。
緊急時に、スクーターを充電器として使用できるのは嬉しいですね。
pic14.jpg
このキックスクーターは、電力回生ブレーキによって減速します。
摩擦によるブレーキに比べエネルギー効率が高く、バッテリー持続時間の向上につながります。
pic15
Bluetooth経由でスマホと連携させると、アプリ上でバッテリー管理やアクセル・ブレーキの調整などを行うことができます。
pic16.png
耐荷重は100kgで、最高速度は時速20kmです。
12度までの傾斜を上ることができます。
pic17.png

まとめ

これがあれば、ちょっとの移動が便利になりそうですね。
お値段はUS$899(約92,998円)で、送料は無料です。
2021/1/15まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/wheelkinetic/boozter-ultracompact-premium-electric-city-scooter

コメント