首でなく肩の上下で支える。首が痛くならないカメラストラップ pi Strap

スポンサーリンク
スポンサーリンク

pic1.jpg
pi Strap(パイ・ストラップ)は、首の痛みを軽減するカメラ用ストラップです。

使い方

一眼レフなど重量感のあるカメラを一日首からぶら下げていると、首を始め身体に痛みが出てきます。
この痛みを軽減し、より快適な撮影時間を、と生まれたのがこのpi Strapです。
装着時の後ろ姿が数学記号の「π(パイ)」に見えることから、この名前がつけられました。
pic2.jpg
首の痛みを軽減してくれる秘密は、首周りの厚みがあるパッドと、名前の由来にもなったストラップの形状にあります。
ストラップが二重になっており、その間に腕を入れて片方のストラップを肩に回して装着します。
カメラの重みが首ではなく両肩に分散するため、首への負担が軽減されます。
pic3.jpg
長さの調整も、ストラップを使って簡単に行うことができます。
pic4.jpg
ストラップの先には、取り外し可能なマグネットがついています。
pic5
外すときは手前のレバーを使って、付けるときはマグネットでパチッと、一瞬で付け外しが可能です。
pic6.jpg
耐荷重も20kgと頑丈に作られているため、持ち運んでいる最中にカメラが外れ落ちてしまう心配もありません。
pic7.jpg
ストラップのほかに、クイックマウントを使ってカメラを装着することもできます。
なんとストラップ側に六角レンチが入っているため、どこでも簡単に装着することが可能です。
pic8
縦、横どちらの向きでも装着できます。
pic9.jpg
さらに、pi Strapはベルトとしても使用することもできます。
もちろんカメラの取り外しはクイックマウントを使って一瞬で行えますよ。
これ一本で、好みや状況に合わせて使い分けられるのも便利ですね。
pic10.jpg

まとめ

これがあればカメラ撮影がより快適になりそうですね。
お値段はUS$58(約6,059円)で、送料は無料です。
2020/12/20まで支援受付中です。

コメント