首にかけるカメラストラップが自在に固定できる三脚になる Conda strap(コンダ・ストラップ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク


このコンダ・ストラップは、移動の時は首にかけて、撮影に固定したいときは自由自在に固定できるカメラストラップです。

使い方

発案者は、フォトグラファーのための商品を開発したスウェーデン人男性です。

スマホのカメラ機能が格段に上がったと言え、本当にいい写真を撮りたいと思ったらやっぱりカメラですよね。
本当にいい写真を取るには、特に三脚などの付属品も必要になってきます。
でも、持ち歩くのは結構重くて大変ですね。

コンダ・ストラップがあれば、たとえこんな断崖絶壁でも、もうカメラひとつで撮影に繰り出せます(笑)!

そして、三脚なしでも、カメラを固定してすぐ撮影できます。

ストラップ自体は、一見普通のストラップのように柔軟性があります。

いったんロックレバーを倒せば、しっかりとその形で固定してくれるんです。

だからこんな風に固定して、自撮り棒のようにすることもできますよ。

アジャスターのレバーを左にするとストラップが外れ、ポールなどに巻きつけることができます。

だからこんな風に、木やポールなどにも巻きつけて固定することもできるんです。

通常は普通のストラップなので、もちろん首にかけてカメラを下げられます。
肩がけでもOKです。

さらに、ストラップは長さも調整可能で、もっと長くすることもできます。

そうすれば、斜めがけにすることもできます。
長さが充分あるので、斜めがけしていてもすぐにカメラを持って撮影体勢に入れます。

装着するのも簡単なんです。特にツールは必要なく、ギザギザ加工の円形スクリューで手でもしっかりと締められるようになっています。

細部にもこだわり、パッド部分は裏面と表面で加工の仕方を変えています。
片面は首にかけるのに適した肌触りが優しいスムースタイプ、もう片面は肩がけに適した滑りにくいラバータイプです。

カラーは、ブラック/チタン/ルビーの3色から選べます。

金額は上がりますが、大きめのカメラにはコンダ・ストラップ プラスも選べますよ。

まとめ

カメラに興味がある、写真をやってみたい、という人は多いかもしれません。
ただ、本格的に撮影しようと思えば、いろいろなツールも必要となりがちなので、躊躇する人もいるかもしれませんね。
コンダ・ストラップがあれば、カメラひとつで身軽に始められそうです。特に始めたい人や初心者の人には、いいきっかけになりそうですよ。
お値段は€82+送料€8で€90(約11,550円)です。
2020/12/18まで支援受付中です。

コメント