プロポーズ、出産など特別な瞬間の鼓動を記録。それを振動と音で再現するボール HeartLight

admin




pic20.jpg

HeartLightは、自分や大切な人の鼓動を触って感じることができる不思議なボールです。

光、音、振動で鼓動が再現され、離れていても触れているだけで大切な人を近くに感じることができます。

使い方

まずは、大切な人の鼓動を記録しましょう。

記録には、専用のデバイスを使用します。手に持って使用するスティック型のものと、手首に巻いて使うバンド型の2種類あり、どちらでも鼓動の記録が行えます。

pic1

専用デバイスのデータは、連携させている専用アプリに保存されます。保存された鼓動には全6色のうち1色のカラーを設定することができます。

pic2

設定が完了した鼓動を選択すると、アプリと連携しているボールHeartLightが設定した色に光ります。

pic3.gif

さらに、振動と音で鼓動が再現されるので、HeartLightに触れていると、まるで大切な人の胸に手を当てているような感覚を味わうことができます。

プロポーズをしたとき、赤ちゃんが生まれたとき、一緒に落ち着いた時間を過ごしいるときなど、大切な人との特別な瞬間の鼓動を記録すれば、離れている間も大切な人を近くに感じられますよ。

スティック型の鼓動記録デバイスHeartWandは、約4cm×15.2cmの手のひらサイズです。

記録中は鼓動に合わせて点滅するので、正しく記録できているかを目で見て確認することができます。

充電式でコードレスなので、どこにいても記録が可能です。

pic6

アプリでは鼓動のカラー選択のほか、記録した日付、時刻、場所などの設定も可能です。

いつ、どんな場面での鼓動だったのかもあわせて記録することができるので、データひとつひとつが特別なものになりますよ。

pic7.jpg

HeartLightには一度に10種類の鼓動を保存することができます。さらに、鼓動の音量、カラー、明るさの変更も可能です。

pic8.jpg

鼓動のデータは専用のクラウドに保存されます。クラウドには100以上のデータを保存することができます。

pic9.jpg

HeartLightにはモダン、クラシックの2種類があります。

モダンは直径約20.3cm、重さは2.3kgあり、すこし重みがあるので相手の鼓動をリアルに感じることができます。

充電式で、スマホアプリとBluetoothで接続して使うことができます。

pic10.jpg

クラシックは土台がウォルナット材、ボールがガラスでできています。

ボールの直径は約10.8cmあり、土台を含めた高さは約17.3cm、重さはHeartLightと同じ2.3kgです。

こちらも充電式で、Bluetoothで接続して使います。HeartLightと同様、鼓動の音と振動も再現されます。

選択したライトがガラス内の気泡に反射し、幻想的な光を楽しむことができます。

pic11

まとめ

コロナもあり家族や友達、恋人となかなか会えないという人も、これがあれば心を近くに感じることができそうですね。

お値段は、HeartLightモダンがUS$125(約13,207円)、HeartLightクラシックがUS$149(約15,742円)で、送料は無料です。

2020/10/16まで支援受付中です。
https://www.indiegogo.com/projects/heartlight-cherish-share-loved-ones-heartbeats#/

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons