キヤノンから望遠鏡型カメラが登場。スポーツ観戦に便利 Canon PowerShot ZOOM(キャノン・パワーショット・ズーム)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

monocular01.jpg
皆さんは何かを望遠鏡でのぞいているうちにシャッターチャンスを逃してしまった経験はないでしょうか。
望遠鏡とカメラを持ち替えるには見ているものから視線を外す必要があるので、観た瞬間に撮影するのは困難でした。
今回紹介するCanon PowerShot ZOOM(キャノン・パワーショット・ズーム)なら、望遠鏡のようにズームして、観ているものをそのまま撮影できます。
開発元はキヤノン(キヤノンマーケティングジャパン株式会社)です。

使い方

Canon PowerShot ZOOMは片目でのぞく望遠鏡型カメラです。
望遠鏡のようにズームして、動画と写真の撮影が可能です。
monocular02.jpg
約145gと軽量に設計されているので、長時間使っていても腕が疲れる心配がありません。
monocular03
手ブレ補正とオートフォーカス機能を搭載しているので誰でも簡単に撮影できます。
monocular04.jpg
動画撮影は録画ボタンで行います。
monocular05.jpg
ZOOMボタンで瞬間ステップズーム機能が使えます。
焦点距離100、400、800mm相当を、ファインダーをのぞいたままワンタッチで切り替えられます。
スポーツ観戦や野鳥観察の際に便利です。
monocular06.jpg
PHOTOボタンの長押しで、最高約10コマ/秒の高速連写が可能です。
サッカーのシュートシーンや、動物が駆け抜ける瞬間などを逃さず撮影できます。
連写中のフォーカスは固定されます。
monocular07
ファインダーで見えている画面をリモートライブビューで家族や友人と共有できます。
撮影した映像や写真は、専用アプリやmicroSDカードを経由してスマートフォンへ転送できます。
Canon PowerShot ZOOMが一台しかなくても皆で映像を楽しめます。
monocular08.jpg
充電はUSB-Cで行います。
フル充電の状態で、動画なら最長約60分、写真なら最大約150枚撮影できます。
monocular09.jpg
片目でのぞく設計なので、視線を外さずにカメラの向きを修正できる点が便利です。
ライブビュー機能があるので家族や友達と一緒に盛り上がれますね。

まとめ

お値段はCanon PowerShot ZOOM(キャノン・パワーショット・ズーム)で31460円(送料・税込)です。
現在は好評につき受付を終了しています。
2020/10/7まで支援受付中です。
https://www.makuake.com/project/powershotzoom

技術
スポンサーリンク
シェアする
Kickstarter fan!

コメント