設定を機械学習で自動設定し、最高のショットが撮れるミラーレス/一眼カメラ用装置 Arsenal2(アーセナルツー)

カメラ

Pic1.jpg
Arsenal2 (アーセナルツー)は、AIの力で最高のショットが撮れるミラーレス一眼デジタルカメラ用リモートコントロール装置です。

使い方

自然の風景をありのままに写真に収めるのはとても難しいことです。ただシャッターを切っただけではうまくいきません。露出などの調整が大事ですが、なかなかうまくいきません。
おおまかでいいならカメラの自動設定でできますが、細かい調整をにつめて最高のショットをとる、というのはなかなか難しいです。
Pic2.jpg
それが、このArsenal2 (アーセナルツー)を使えば、AIが露出などのコントロールを行ってくれるので、シャッターを押すだけで最高のショットが撮れるのです。
この装置を使うと、シャッターを押した瞬間に、AIが写そうとしている光景の22の要素を検討し、カメラのセッティングを決定します。画像自体をいじるわけではなく、カメラの設定を変えてくれる機能です。
Pic2
さらに、この装置には、より自然に近い色彩に近づけるDeep colorという機能があります。左が普通に撮影した場合、右がDeep colorを使って撮影したものです。色彩が豊かになり、より自然に近い形で光が撮影されています。
設定の調整は人工ニューラルネットワーク(ANN)による機械学習により行われています。(ディープラーニングかどうかは書かれていません)
Pic4
使い方は簡単です。カメラ上部に本体をセットし、ケーブルを接続すれば準備完了です。
Pic5.jpg
スマホにアプリをダウンロードすることで、全ての機能をスマホからコントロールすることができます。
Pic6.jpg
では仕組みです。この装置には、ハイダイナミックレンジ合成という技術が導入されています。この技術は、シャッターを一度押すだけで様々な露出の画像を同時に撮影し、AIによって一枚の写真にまとめる技術です。
Pic7
その際に、光の明るいところや暗いところを調整し、最高のショットにするのです。接続にはmicro USBを使用します。この装置は第2作目です。第1作目からの主な変更点は、Deep colorなどの機能が加わったことなどです。
動作速度もArsenal2 Standardで3倍、Proは5倍に高速化されました。
Pic8.jpg
Deep color以外にもCrowd Controlという機能も追加されました。観光地で写真を撮ろうとすると、人が写ってしまいます。
pic20
そこで時間を変えて写真を撮っていきます。
pic22.jpg
人間も常に同じところにいるわけではありません。移動しているので、先ほどとは人の配置が変わっています。
こうやって配置の違う写真を複数枚集めて合成すると…
pic23
人が写っていない写真を作ることができました。これがCrowd Control機能です。
pic24.jpg
メーカー別の対応機種は以下の通りです。キヤノン、ニコン、ソニー、富士フイルムのカメラに対応しています。
Pic9
これがあれば、いつでも最高のショットが撮影できますね。

まとめ

お値段は$149 (約15,600円)です。送料は、キャンペーン終了後に確定します。
2020/9/26まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/2092430307/arsenal-2

コメント