Kickstarterの表示言語にイタリア語と繁体字中国語が追加。プロジェクト掲載可能国に台湾は追加されず

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ks2.jpg
Kickstarterの表示言語としてイタリア語と繁体字中国語が追加されました。
https://www.kickstarter.com/blog/kickstarter-is-now-available-in-chinese-and-italian
繁体字中国語は台湾で使われる中国語です。中国では簡体字が使われます。
下の画像はイタリア語表示に切り替えたところです。ほかの言語と同様、プロジェクト名などは英語のままです。
ks1.jpg
繁体字中国語にもできます。
ks3.jpg
今回追加されたのはwebサイトの表示言語のみです。Kickstarterでは表示言語のほかに、どの国からプロジェクトを掲載できるかという制約があります。こちらには変更ありません。
イタリアは以前からプロジェクト掲載可能でしたが、繁体字中国語が使われる国である台湾からは、2019年7月時点ではプロジェクトが掲載できません。アメリカなど掲載可能な国に代表者を置く必要があります。
表示言語は翻訳すれば可能ですが、プロジェクトを掲載可能にするには法的な対応策の検討などが必要です。表示言語に繁体字中国語を追加するからにはKickstarterも台湾から掲載可能にしたいのではないかと思いますが、現時点では実現していません。
また、Kickstarterにとって法律上難しい問題があるのか、人口と経済規模が大きい割には中国もプロジェクト掲載は現時点ではできません。

コメント