家の外からペットの様子をうかがい、餌やりができるカメラ | Petcube Bites & Petcube Play

スポンサーリンク
スポンサーリンク

petcube2.jpg
Petcube Bites & Petcube Play(ペットキューブ・バイツとペットキューブ・プレイ)は、家にいなくてもペットの世話をすることが出来るカメラです。ペットがどうしているか観察して、さらにえさをあげることができます。

使い方

BitesとPlayはどちらもカメラになっておおり、24時間いつでもスマホを通じてペットの様子を見ることができます。暗視カメラも付いているので、暗くなっても大丈夫です。
Pic2.jpg
また、ペットの様子を録画しておき、タイムラインで管理することも出来ます。防犯カメラみたいですね。監視対象がペットなので、がちがちに見張っていても問題はありませんが。
Pic3.jpg
Petcube Bites (ペットキューブ・バイツ)は、スマホのアプリを使ってペットのエサやりをすることが出来ます。まず、エサを入れておきます。
Pic4.jpg
スマホの画面上にあるエサマークをタップします。
Pic5.jpg
すると、Petcube Bitesの下部にある開口部からエサが飛び出します。
Pic6.jpg
ペットが食べます。家を留守にしていても餌やりができるという仕組みです。
Pic7.jpg
アプリを使って、自動的にエサをやるよう設定することも出来ます。
Pic8.jpg
Petcube Play(ペットキューブ・プレイ)は、スマホのアプリを使って、ペットのトレーニングをすることが出来ます。無害なレーザー光線を発して、その光をペットに追わせます。
Pic9.jpg
スマホの画面をタップすると、そこに光が当たります。ペットが追いかけることでトレーニングになります。iOS、Android共に対応しています。
Pic10.jpg
Petcube Bitesの開発元は、2013年にPetcubeというペットを観察するカメラを作ってKickstarterに載せていました。今回のものは、カメラに餌やり機能などをつけて改良したものです。
https://www.kickstarter.com/projects/petcube/petcube-stay-closer-to-your-pet/description
前回のユーザーに好評だったのでしょうか。Bites&Playは約3100万円集まっています。
petcube1.jpg
これがあれば、安心して仕事にいけそうですね。旅行となるとさすがにこれだけでは不安なので、ペットを預ける必要があるでしょうけど。

まとめ

お値段は$119+送料$29で、$148(約15,500円)です。
2016/9/2まで支援受付中でした。最終的に目標額に到達しました。
https://www.kickstarter.com/projects/petcube/petcube-bites-petcube-play-treat-and-care-for-pets/description

コメント