腐乱死体でSAN値上昇? ローグライクRPG Darkest Dungeon(ダーケストダンジョン)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1_GetBack
Darkest Dungeon(ダーケストダンジョン)は、ローグライクRPGのようなものです。風来のシレン、トルネコの大冒険と言い換えていいかもしれません。
ダンジョンの通路は固定ではなく、プレイするたびに毎回変わります。
2_Fearful
Darkest Dungeonが今までのローグライクと違うのは、キャラクターにストレスがたまるとパニック状態になって、武器をふるのが遅くなったりすることです。
クゥトルフの呼び声というRPGで、プレイヤーにSAN値があって限界を超えると発狂する、というシステムがありますが、それに近い感じでしょうか。
ダンジョンで腐乱死体に出会ったりするとストレスがあがってしまうが、うまく爆発させないようにする、というところがこのゲームのポイントです。グラフィックも不気味ですね。

戦闘

8_CrushingBlow
戦闘はターン制です。普通のターン制のシステムに加えて、MMORPGにあるようなHoT(一定時間あたりの回復)、DoT(一定時間あたりのダメージ)、AoE(効果範囲)の概念もあります。
死んだら復活できません。セーブ地点からやり直すということもできません。その点で、戦闘は非常にスリルがあると思います。

Town
街もあります。キャラクターを作成したりします。この辺はWizardryやAngbandみたいですね。
 
対応プラットフォームは、WindowsとMacです。売り上げがよければPSやPSVitaなども考えるとのことです。

目標額

目標額7万ドルに対して、18万ドル(1800万円)集まっています。
かなり人気がありますね! 手軽に遊べそうで、かつホラー的な要素があるところがうけたのではないでしょうか。
Darkest Dungeonを欲しい方はKickstarterへどうぞ!
https://www.kickstarter.com/projects/1460250988/darkest-dungeon-by-red-hook-studios

コメント