何でもコントローラーに変える! コントローラー自作ツール MaKey MaKey(メイキーメイキー)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

maykey1
MaKey MaKey(メイキーメイキー)は、好きな物をコントローラーに変える道具です。たとえば、バナナをコントローラーに変えて演奏することができます。

使い方

使い方は簡単です。コントローラーにしたいものにコードをつなぎます。先端がクリップになっているので、挟むだけでつなげます。あとはMaKey MaKeyをUSBでPCに接続します。これだけです。下の画像ではバナナをスペースキーにしています。
maykey3
これは粘土でコントローラーを作った例。
maykey4
手にもコードをつなぎます。微弱な電流が流れて、ボタンが押されたことを判定します。
maykey5
鉛筆書きもボタンにできます。
maykey6
バケツに注いだ水もコントローラーにできちゃいます。
maykey7
音ゲーをプレイしているところ。水に足をつけると電流が流れて、ボタンを押したと判定されます。
maykey8
階段をピアノのキーボードにしているところ。こんな使い方もできるのか! という感じです。
maykey9
バナナを鍵盤にしたところ。
maykey10
さきほどの音ゲーの応用で、猫が水を飲んだら自動で撮影するようにしたところ。いろいろな使い方がありますね!
maykey11

仕組み

makey2-300x191
仕組みは非常に単純です。目的の物と人体の間に微弱な電流を流します。触っている間は電流が流れるので、それを検知するという仕組みです。
Makeyにはコントローラーのボタンに相当する部分に穴が空いていて、それにクリップ型のコードをつなげるだけです。非常に簡単ですね。
makey3-300x159
MaKeyとPCの間はUSBでつなぎます。PC側にはソフトのインストールは必要ありません。Makeyでの操作がカーソルキーなどを押したとして扱われます。既存のキーボードで使えるソフトならMaKeyで動かせます。
MakeyはArduinoという小型のコンピューターで作られています。Arduionoはあちこちで使われていますね。使い勝手がいいと思います。

開発者

A-iPhone-Mouth
開発者はMIT メディアラボの卒業生Jay Silverさんです。

販売サイト

Kickstarterでの募集は既に終わっています。
https://www.kickstarter.com/projects/joylabs/makey-makey-an-invention-kit-for-everyone?ref=category
しかし現在、専用サイトで販売中です。お値段は$49.95+海外送料$14.95で、$64.9(約6,900円)です。募集が終わっても手に入るというのはいいですね!
販売サイト http://makeymakey.com/

MakeyMakey Go

Makeyの改良版、MakeyMakeyGoというのもキックスターターに登場しました。解説はこちら

コメント