今のスマホは高性能、そこでiPhone 6をそのままビデオカメラとして使うグッズ Lumenati CS1(ルメナーティ)

admin




Lumenati CS1 1

Lumenati CS1(ルメナーティ)は、iPhone 6をビデオカメラに変えるグッズです。最近のスマホは高性能です。ならスマホをそのままビデオカメラとして使えばいいのでは?というのが開発の動機です。

もちろんiPhone 6だけでも動画を撮ることはできます。Lumenatiは、持ちやすいように取っ手がついている、レンズが交換できる、などのメリットがあります。

使い方

まずLumenati(ルメナーティ)にiPhone 6を刺します。

Lumenati CS1 2

専用スマホアプリを起動します。iPhoneのタッチパネルは表に出ているので、そのまま操作できます。

Lumenati CS1 15

あとはトリガーボタンを押せば録画できます。

Lumenati CS1 3

このトリガーボタンが意外と便利そうです。撮りたい場面になったら、ボタン一発で撮影できます。タッチパネルで間違えて閉じるボタンを押してしまったというなトラブルから解放されます。

Lumenati CS1 8

さらにフィンダーがついており、撮影中の画像を見ることができます。

Lumenati CS1 4

Lumenatiのレンズに写っているものが見えます。フィンダー用に小型の液晶を内蔵しているようです。

Lumenati CS1 5

これが役立つのは、昼間の屋外です。昼間の外でスマホの画面が見えづらいという経験はないでしょうか? 周りが明るすぎるため相対的に液晶画面が暗く見えてしまい、見づらくなる現象です。

フィンダーを覗く場合、周りの光が入らないため、昼間でもよく見えます。

Lumenati CS1 9

Lumenatiにはレンズがついていますが、これを交換することもできます。レンズを回すと外れます。

Lumenati CS1 6

そして別のレンズをはめ込めば完了です。広角レンズ、望遠レンズ、マクロレンズ(接近撮影用)などがあります。

Lumenati CS1 7

こちらはマクロレンズで撮影した画面です。

Lumenati CS1 11

動画はこちら。

専用アプリにはフィルターがついており、画質を簡単に変えられます。これ自体は動画編集アプリでもできますね。あれば便利ですが、Lumenatiでなくてもできます。

Lumenati CS1 10

色あせた写真のような動画を、簡単に作ることができます。

Lumenati CS1 16

Lumenatiを使ってスケボーを撮影している場面です。取っ手がある分、スマホだけよりも持ちやすそうですね。

Lumenati CS1 13

ジャンプしている場面をばっちり撮影。

Lumenati CS1 14

動画はこちら。うまいことトリック(ジャンプ)を決めています。

まとめ

お値段は$199+送料$57で、$256(約31,600円)です。広角レンズ付属です。
広角と2倍望遠レンズのセットは、$220です。

2015/8/12まで注文受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/cinematicsmartcase/the-worlds-first-cinematic-smartcase

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons