自転車乗りに朗報、「自動」でブレーキランプが点灯する自転車用ヘルメット Lumos(ルモス)

Lumos1 admin




Lumos1

Lumos(ルモス)は、自動でブレーキランプが点灯する、自転車用ヘルメットです。自動というところがポイントです。

使い方

こちらがLumosです。形状は一般的な自転車用ヘルメットですが、後部にブレーキランプがついています。また右折左折を表示するウインカーもついています。

Lumos2

自転車に乗っていてブレーキをかけると・・

Lumos15

自動でヘルメット後ろのブレーキランプが光ります。自転車にケーブルをつなげる必要もありませんし、手動で特別な操作をする必要もありません。

ヘルメットが加速度計を内蔵しており、減速を検知します。加速度計はスマホでも使われています。

Lumos16

夜道、後ろから見るとよく見えます。これは車のドライバーから見た場合に重要です。

Lumos12

自転車に乗っていて危ないことのひとつに、車に後ろから追突されるということがあります。バイクにはブレーキランプがついているので、後ろの車はバイクが減速することがわかります。これにより追突の危険を減らしています。

Lumos13

そこで自転車にもブレーキランプをつけようというのがLumosです。ママチャリと違い、速度の出る自転車は車道を走る必要があります。そのため、車のドライバーからみるとどう見えるかというのは重要です。

Lumos14

ブレーキライトの形は三角表示板を参考にしています。車が故障したときに道路に置くことでおなじみのマークです。

Lumos10

さらに右折、左折をヘルメットに表示する方向指示器(ウインカー)もついています。ヘルメット横に、横向きの矢印で表示されます。

Lumos17

ヘルメット前方のライトも赤くなります。

Lumos11

この部分は自動ではなく、ハンドルにつけるリモコンで操作します。

Lumos7

ヘルメット前方にはヘッドライトがついています。こちらはブレーキに関係なく、常に点灯します。

道路を照らすためではなく、歩行者などから見えやすくするのが目的です。

Lumos20

仕様

充電はMicro USBです。

バッテリー持続時間は2.5時間です。これはライト点滅モードの場合で、連続点灯の場合は75分です。ただLumosの主な用途は市街地での移動なので、長距離移動ではないため、問題ではないはずとのことです。

Lumos9

当然ながら耐水性があり、雨に濡れても動作します。これは必須ですね。

Lumos8

・サイズはミディアム(54 – 59cm)とラージ(58 – 63cm)があります。

・重さは410gです
普通のヘルメットが310gから340gなので、少し重いということになります。

・色は白と黒があります。

Lumos21

 

安全性の認証

ヘルメットの安全性認証は、アメリカのCPSCと、EUのEN1078を取っています。しかし日本は別途ヘルメットの規格があり、この認証を取っていません。そのため日本へは発送しない(販売しない)とのことです。

ただ日本を完全に諦めたわけではなく、開発元の余力によっては行いたいとのことです。日本でも需要はあると思いますが、どのぐらい数が出るかは難しいところです。

まとめ

お値段は$99(約12,200円)です。前述の通り、日本への発送は現状行っていません。

2015/8/13まで注文受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/819484536/lumos-a-next-generation-bicycle-helmet

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


1コメント
  1. ロ^ドバイク乗ってます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons