水を飲むべき時に、光って教えてくれるボトル HidrateMe(ハイドレートミー)

admin




HidrateMe1

HidrateMe(ハイドレートミー)は、水を飲むべき時に、光って教えてくれるボトルです。

ボトルにセンサーがついており、どれだけ水を飲んだかを検知してくれます。

使い方

これがHidrateMe。平面を多用したポリゴンデザインです。

HidrateMe4

アプリの質問に答えると、一日に飲むべき水の量を設定することができます。

HidrateMe20

ボトルのセンサーが、どのぐらい水を飲んだかを自動的に検知してくれます。

HidrateMe6

そして水を飲むべきタイミングになると、ボトルの内部が光ります。

HidrateMe9

内部からぼーっと光ります。光り方がおもしろいですね。蓋にLEDが付いていても同じことが出来ますが、それよりも見た目のおもしろさがあるんじゃないでしょうか。

HidrateMe10

作業をしている時に光っても邪魔になりません。

HidrateMe8

現在の湿度、気温、標高に合わせて飲むべき水の量を調整してくれる機能もあります。

HidrateMe3

ジョギングをしたりジムでトレーニングした時にどのぐらい水を飲むか、という用途も想定されています。運動量を測るウェアラブルデバイスにも対応中とのことですが、どれに対応になるかはまだ発表されていません。

HidrateMe21

曜日ごとにどのぐらい水を飲んでいるか、というデータも表示することが出来ます。

HidrateMe5

iOSとAndroid対応です。Androidの必要バージョンは公開されていませんが、少なくとも4.3は必要になります。4.4か5.0の可能性もあります。

まとめ

デザインがよかったのか、約2300万円集まっています。

お値段は$45+送料$25で$70(約8,700円)です。

2015/7/05まで注文受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/582920317/hidrateme-smart-water-bottle

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons