キーボードの上がみえないタッチパッドに。広々と使えて便利そう moky(モキー)

admin




moky1

moky(モキー)は、キーボードの上がみえないタッチパッドになっているグッズです。

マウスを持ち運ばなくてよい、かつタッチパッドの領域が大きいというのがメリットです。

開発元は韓国です。

使い方

mokyは、普通にキーボードとして使えます。

moky2

しかしそれだけではなく、キーボードの上で指を動かすと、タッチパッドとしても使えます。

タッチパッドつきのキーボードもありますが、mokyはキーボード一体化しているのでコンパクトです。またキーボード全体をタッチパッドとして使えるので、ちまちま指を動かさなくてよいというのかメリットです。

moky3

二本指を揃えて移動させると、上下にスクロールできます。

moky4

Androidタブレットに接続した場合は、指を近づけたり離したりしてズームできます。

moky5

スマホに接続してメールを書いたり・・

moky6

タブレットにもつなげます。

moky7

Windows、Macでも使えます。

この場合、mokyのタッチパッドはマウスとして使えます。クリックはキーボード一番下のバーの部分でできます。

moky8

mokyのキーボードには赤外線センサーがついており、指の動き(位置)を捉えます。キーに触ったかどうかで判定しているわけではないので、正確に言えば「タッチ」パッドではないです。キーに触らなくても反応します。

左手をキーボードの下にある部分に置くと、タッチモードに切り替わります。それ以外の場合はキーボードとして動作します。自動で切り替えようとすると誤判定が起きるので、こうしているのだと思います。

moky9

下図はプロトタイプ版の製品(2012年作成)です。キーボード上で指を動かすと、マウスカーソルも動いています。最終デザインは前述のものになります。

moky10

対応OSは、Windows、Mac、Androidです。iOSではOSの仕様上、キーボード部分のみ対応です。

まとめ

お値段は$69(約8,600円)です。送料は発送先ごとに個別相談です。

2015/6/15まで注文受付中です。
https://www.indiegogo.com/projects/moky-invisible-touchpad-keyboard#/story

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


1コメント
  1. 3bites

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons