魚が自分で水槽を「運転」する、いわば魚版のバギー Fish on Wheels(フィッシュオンホイールズ)

photo-main admin




photo-main

Fish on Wheels(フィッシュオンホイールズ)は、水槽です。普通の水槽と違って、魚が水槽を「運転」します。

水槽には車輪とモーターがついています。魚が泳ぐと、その動きに従って水槽のモーターが働き、水槽自体が移動します。

この動画では実際に運転しています。水槽は決してランダムに動いているわけではないです。魚の動きをカメラで捉え、画像解析をして動きの方向を判定し、それに応じてモーターを動かしています。

だからどうした、と言われるとその通りですが、才能の無駄遣いというべきでしょうかw

これは金魚ですが、イルカだと知能が高いのでもっと面白いかもしれませんね。水槽が大きくなりすぎて難しいですが。

構造

f2cb5629341cf5605f5214fbf1be5bf5_large

以下のパーツでできています。

・水槽
・カメラ
・バッテリーとモーター
・BeagleBoard
・Arduino

BeagleBoard(BeagleBone)というのは、小型のコンピューターです。CPUにはARM Cortex A8を搭載しており、OSはLinuxが動きます。Raspberry Piという同じく小型のコンピューターがありますが、それに近いです。

Arduinoはモーター駆動用だと思います。Arduinoも同じく小型のコンピューターです。BeagleBoneでもモーターは制御できると思いますが、何故Arduinoも使ってるのは不明です。

f36e61fdc14cfe96056b578e651fec66_large

カメラで撮った画像をBeagleBoardで解析してモーターを動かしています。カラー画像を白黒画像に変えて(2値化)魚の動きを判定しています。

 

特にすごい使い道はありませんが、発想がとても面白いと思いました。もし筆者が魚を飼っていたら、ひとつ注文して試しているところです。
2014/5/29まで注文受けつけ中です。
https://www.kickstarter.com/projects/1939723822/fish-on-wheels

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons