犬が逃げようとすると超音波で抑止する、ヴァーチャルな手綱 Connected Collar(コネクテッドカラー)

Connected Collar1 admin




Connected Collar1

Connected Collar(コネクテッドカラー)は、犬が逃げようとすると超音波を出して抑止する、という首輪です。

ヴァーチャル柵、ヴァーチャル手綱(リーシュ)であると開発者は言っています。

使い方

犬と一緒の生活は楽しいものです。

Connected Collar2

しかし普通ならフェンスで囲ったり、手綱をつけていないと犬がどこに飛び出すかわかりません。他人を怪我させたり、車にひかれてしまうかもしれません。

そこでヴァーチャル手綱(リーシュ)機能を使います。

Connected Collar3

犬がWifiやスマートフォン(Bluetooth)の範囲外に行こうとすると・・・

Connected Collar5

首輪が振動し、超音波を発して犬の行動を抑止します。

Connected Collar6

さらに超音波機能を使って犬のしつけもできます。

Connected Collar4

トレーニングメニューがアプリに入っており、人間に向かって吠えないようにしつけることができます。

Connected Collar7

さらに首輪にGPSも内蔵しています。犬と一緒に気持ちよく走った後は・・・

Connected Collar8

犬の運動量を見ることができます。犬の健康管理できてしまうというわけです。

Connected Collar9

大事にしている犬がちょっとを目を離した隙に居なくなってしまった。柵の隙間とか、ドアが開いていたなどのアクシデントです。

Connected Collar10

首輪にはLEDライトがついており、車に轢かれにくいよう目立つようになっています。さらにスピーカーまでついています。これで何をするかというと・・・

Connected Collar11

「お座り、そのまま。いい子だ」とスマホから犬に指示を出せてしまいます。ありとあらゆる機能を詰め込んでますね。

首輪はGPS内蔵なので、あとは地図上で犬のいる場所にまで行くことができます。

Connected Collar12

無事再会。

Connected Collar13

問題点

まず思いつくことは、首輪から超音波をならすなんて動物虐待ではないのか、という点ではないでしょうか。実は超音波をならす笛というのは犬のトレーニングにも使われているもので、虐待というまではいかないかと思います。まあ本当のところは犬になってみないとわからず、人間には計り知れないところですが……。

もう一つは、手綱をつけないということです。確かにこれはバーチャル手綱で、犬を一定距離内に押しとどめるかもしれません。しかし全然知らない他人から見ると、放し飼いをしているように見えてしまいます。犬のサイズによっては、通行人からすると怖いです。

またBluetoothやGPSで距離を探知しますが、精度は数メートルの誤差があります。歩道を歩いていると犬が車道にはみ出てしまうかもしれません。本物の手綱ならすぐ引き寄せられますが、このConnected Collarだとそうもいきません。

結論として、市街地向きではない、と思います。広い場所向きかと思います。(その場合でも放し飼いは条例で禁止されていますが…)

まとめ

お値段は$120+送料$15で、$135(約16,400円)です。

サーバー利用比として、月額5ドル(約600円)が予定されています。

2015/5/27まで注文受付中です。
https://www.indiegogo.com/projects/the-first-all-in-one-smart-dog-collar#/story

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons