夏専用、太陽の熱を貯めて焼くバーベキューグリル GoSun Grill(ゴーサン・グリル)

GoSun1 admin




GoSun1

GoSun Grill(ゴーサン・グリル)は、太陽の熱で肉を焼くバーベキューグリルです。

言ってみれば真夏の車のボンネットで、熱を溜めておくという仕組みです。太陽光発電のように電気は作りません。

開発者はアメリカ人です。

使い方

こちらがGoSun。太陽熱方式のため、形状も一般的なバーベキューグリルとは異なっています。

GoSun2

蓋を開けるとこうなります。一見すると、どこで肉を焼くのか? と思ってしまいます。

GoSun3

実は、真ん中のチューブの部分に食材を入れて使います。

GoSun5

食材を詰め込んで、塩こしょうで味付け。

GoSun6

チューブ部分を中に押し込みます。

GoSun7

焼き上がったらチューブ部分を引っ張り出します。窮屈なのがちょっと使いづらいかもしれません。これはこれでおもしろそうですが。

GoSun4

チューブの底の部分には、蓄熱材が置かれています。この部分が熱を放出して食材を加熱します。

蓄熱材が太陽光で固体から液体に変わりますが、このときに熱が蓄積されます。再び固体に戻るときに、周りに熱を放出します。

GoSun8

熱をためておくには、ミラー部分を展開して陽が当たる場所に置いておきます。蓋の裏側が鏡になっていて、太陽光を中心のチューブに集めます。

料理する前に直射日光で2時間熱しておきます。

GoSun9

チューブ部分は真空で断熱されており、ためた熱が冷めにくいようになっています。断熱されているため、チューブ自体は手で触わることもできます。

透明なので太陽の光は通すが、真空なので熱は通しにくい、というわけです。

GoSun10

仕様

重さ: グリル本体 9kg、スタンド 7.3kg、サーマルバッテリー 1.8kg

最大温度: 260℃
通常温度: 100-200℃

蓄熱に必要な時間: 直射日光で2時間
使用可能時間: 約2時間

スタンドは別にしても、かなりの重さがありますね・・。

まとめ

それにしてもアメリカ人は栓抜きとバーベキューが大好きですね。この二つはやたらと頻繁に出てきます。

お値段は$349+$120で、$469(約55,800円)です。

2015/6/9まで注文受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/707808908/gosun-grill-a-break-through-solar-oven-that-cooks

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons