Raspberry Piのロボット、Wifiとカメラも搭載可能、すぐ使えて低価格! GoPiGo

admin




df8f333b4731c0f871d405ae865914e3_large

GoPiGo(ゴーパイゴー)は、Raspberry Piで制御するホビー向けロボットです。

 

e62c18b4f0c286c5010cf592b5e7eb02_large

使い方の一例として、真ん中の画像では瓶を運んでいます。右端の画像はおもちゃのロケットランチャーを搭載しています。

GoPiGoのメリット

ホビー用のロボットはいろいろありますが、GoPiGoのメリットは次のようなものです。

・組み立ては簡単、すぐに使える
・Raspberry Piで制御できる
・Wifiで外部と通信できる
・カメラもつけられる
・低価格(Raspberry Pi本体+Wifiセットで$150)

Raspberry Pi(ラズベリーパイ)というのは、小型のコンピューターです。ホビー用途でよく使われています。
小型のコンピューターとしてはArduinoもありますが、Raspberry PiはOSとしてLinuxが動くというのが大きな特長です。

Linuxはネットワーク系の機能が非常に充実しています。GoPiGoの上でwebサーバー(Apacheなど)を動かすということもできます。

モーターから電池ケースまで一式セットになっているので、簡単に組み立てられます。ロボットのソフトを書いてみたいけどハードはよくわからない、という人には最適かもしれません。

ddb3fa1cf3b7c5cd5c99928aeef7aa30_large

組み立てている画像です。簡単そうです。

935ac499b3b22325f62fe3827cffb0f4_large

GoPiGoのパーツ。Raspberry Piにシャーシとモーターがついたような構成です。シンプルですね。
シャーシの上部にはレゴブロックをはめられる穴が空いているので、いろいろ取り付けて遊べます。

電力には単三乾電池を2本使います。

 

GoPiGoは、カメラ+Wifiというのがなかなか面白いなと思います。カメラ画像を見ながら遠隔操作したり、自動操縦して映像を別のところに送る、というようなことができます。

既に目標額を達成し、29,000ドル(約290万円)集めています。現在Kickstarterで出資受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/john-cole/gopigo-the-delightful-raspberry-pi-robot?ref=discovery

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons