壁や窓など、好きな場所に貼り付けて自撮りできる小型カメラ Podo(ポド)

Podo1 admin




Podo1

Podoは、好きな場所に貼り付けて自撮りできる小型カメラです。壁や窓に貼り付けることができます。

画質にこだわらなければカメラを作ることが簡単になったので、いろんなものがでてきますね。

使い方

自分でスマートフォンを持って撮影すると腕を伸ばして撮影しなければならず、苦労しますよね。
セルフィースティックを使っても、アームの長さまでしか撮影できませんでした。

3

Podoの一番の特徴は、カメラを壁や窓、柱などに貼り付けて使えることです。
Bluetooth接続を利用して、シャッターボタンはスマホで操作できるので、ワイヤレスでのカメラ撮影が簡単にできます。

4

Podoの裏側には、マイクロサクションという特殊素材がついています。
これはテープでものりでもない、特殊な粘着パッドです。
木やガラス、セメントなどいろいろな素材に貼り付けることができ、何度も付けたり外したりできます。

5

また、磁石にもなっています。

6

Podoを使うにはまず、Podoを2回叩きます。そうすると起動します。

7

Podoを固定したい場所に裏側のパッドを押しつけて、カメラを固定します。
スマホの専用アプリを開き、カメラの映像を確認します。
専用アプリはiOS、Androidどちらでも無料で使用できます。

8

裏側には開閉できるフラップがついているので、カメラの角度を調整できます。

9

アプリについているシャッターボタンやタイマーボタンを押して撮影します。
画質は800万画素なので、デジカメと同じくらいの高画質で写真を撮ることができます。

10

撮影した画像は、Bluetooth接続を利用して自動でスマホに転送・保存されます。
専用アプリを使って画像を編集したり、SNSに投稿したりすることができます。

11

静止画はもちろん、動画やショートムービーなども撮ることができます。
また、合成画像機能や連写モードもあり、いろいろな楽しみ方ができます。

12

裏側のパッドにほこりがつくと吸着力が弱くなるので、お手入れが必要です。
水洗いして乾燥させてから使います。

13

PodoにはLED照明がついています。

13(2)

暗闇や夜間の撮影も、これなら安心ですね。

14

Podo本体以外に予備のバックフラップ、USB充電ケーブル、クイックスタートガイドがついてきます。
電池式で、最大2時間の連続ビデオ撮影が可能です。
メモリは4GBです。

15

映像をスマホで確認しながら撮れるというのは、自撮りしたい人にとってうれしいポイントですね。

まとめ

お値段は$89+送料$20で、$109(約13,000円)です。

2015/4/21まで注文受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/podolabs/podo-the-first-stick-and-shoot-camera

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons