カフェに最適、好きな絵柄でパンケーキを「プリント」する PancakeBot(パンケーキボット)

admin




PancakeBot1

PancakeBot(パンケーキボット)は、好きな絵柄でパンケーキをプリントしてくれるグッズです。

単にインクの代わりにバターを使っているだけではないです。焼きながら印刷して色合いを変えるという、ヒネリが入っています。

使い方

まずパンケーキの下絵を作ります。この場合は子供が手書きしたものです。

PancakeBot2

コンピューター上に取り込んで、輪郭線を引き、塗り絵をします。ソフトはWindowsとMacに対応しています。

PancakeBot3

SDカードでプリンタに転送すると、あとは先ほどの絵に従ってパンケーキをプリントしてくれます。原料はバターを使います。

PancakeBot4

輪郭を描き終わりました。土台の部分はホットプレートになっており、プリントした直後から焼いています。描いた線の部分が膨らんでいることが画像からわかります。

PancakeBot5

輪郭の後は、中身を埋めていきます。輪郭だけだと食べたときにボリューム不足です。

PancakeBot6

できあがりがこちら。輪郭を先に焼いているので、色が変わっています。原料は一種類だけというシンプルな構造ですが、うまくできあがりに変化をつけています。

PancakeBot7

こちらはエッフェル塔を絵柄として使った例。

PancakeBot8

エッフェル塔のできあがり。

PancakeBot9

タツノオトシゴや犬なども。

PancakeBot10

企業ロゴを印刷してグッズとするのはどうかと開発者は言っています。こちらはKickstarterのロゴですね。

PancakeBot11

できあがりがこちら。微妙に手作り感のある焼き上がりが、おもしろいです。

PancakeBot12

ノズルにつまらないよう、うまく空気圧を加えているようです。チョコなどを混ぜてしまうと詰まりやすくなるので、そういうものはなるべく避けた方がいいとのこと。

まとめ

カフェなどの店舗に置けばうけそうです。外部に発注しなくていいので、日替わりデザインなんかもできますね。

お値段は$169(約20,400円)です。国際送料は発送先別に計算するとのこと。

2015/4/10まで注文受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/1853707494/pancakebot-the-worlds-first-pancake-printer

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons