これぞ4倍速なのだが…4つ同時に印刷できる3Dプリンター STACKER(スタッカー)

STACKER1 admin




STACKER1

STACKER(スタッカー)は、4つ同時に印刷できる3Dプリンターです。

3Dプリンターは製品のプロトタイプ作成用と言われることが多いです。印刷するのに時間がかかるため、量産するのは向いていないからです。

だとしたら、複数同時に印刷できるようにしたらいいのでは? というのがこれです。先日の空中変形ドローンも、ボディーは3Dプリンタで作っています。

使い方

黄色の部分が印刷ヘッドです。ここからフィラメント(プラスチック)が出て物体を作ります。見ての通りヘッドが4つついているので、一気に4つ作れちゃいます。

STACKER2

裏側にはフィラメントが4つ搭載するようになっています。というかそのまんまですね。色は当然ながら別々のものにできます。

STACKER3

フレームは金属製で頑丈です。

STACKER4

60cmの高さの物体も作ることができます(ただし60cmはオプション)。ただ縦横は結構狭いです。4つ同時に作る場合、25.5cm  x 10cm です。

STACKER5

プリンタヘッドを全部使わない場合は、使わないヘッドを端に寄せておけます。こうすると縦横に大きな物体を作ることができます。

STACKER6

用途としては、部品の製造を意図しているとのこと。高さ方向の分解能は0.1mmです。Makerbot Replicator 2Xも同じく0.1mmです。

STACKER7

カーボンファイバーのフィラメント(XT-CF20)を使って、歯車を作ったところ。

STACKER8

まとめ

お値段は送料別で$3995(約47万7900円)です。これって普通の3Dプリンターを4台買った方がいいような…。ただ開発者によれば、低価格3Dプリンタと違ってしっかりした作りであるとのことです。

2015/3/27まで注文受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/783463718/stacker-a-new-kind-of-commercial-3d-printer

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons