ダブルベッドの左右で温度を変えられるマットカバー Luna(ルナ)

admin




Luna1

Luna(ルナ)は、ダブルベッドの左右で温度を変えられるマットカバーです。人によって寝るのに最適な温度は違うもの。そこでLunaは左右で温度を変えられるようになっています。

さらに呼吸や体の動きから睡眠の状態を把握し、すっきり起きやすいタイミングで起こしてくれます。

使い方

これがLunaです。見た目は普通のベッドに見えますが、マットレスの上にLunaを敷いています。左側のコネクタは電源です。インターネットとはWifi接続です。

luna7

Lunaの上にはシーツを敷きます。布団でも使えるはずですが、端っこの部分がちょっと余ってしまうと思います。

Luna3

ベッドの左右で温度を変えて暖めることができます。設定はスマホ(iPhone/Android)で行います。ただしヒーターだけで、クーラーはついていないです。秋冬用ですね。

さらに寝る時間を学習して、自動でベッドを暖めてくれます。ベッド入る頃には自動で暖かくなっているというわけです。便利ですが、不規則な生活をしていると役に立たないかもしれませんw

Luna2

ヒーターだけでなく、睡眠状態も分析してくれます。体の動きや呼吸を分析して、よく眠れているか教えてくれます。

また、温度や湿度、周囲の騒音なども測定してくれます。まさにスマートマットです。

Luna4

目覚まし機能も付いています。気持ちよく起きられるように一番眠りの浅いタイミングを見計らい、アラームを鳴らして起こしてくれます。

Luna5

仕様

サイズはいくつか選べます。キングサイズのさらに上もあります。

・フルサイズ: 137cm x 191cm
・クイーンサイズ: 152 cm × 203 cm
・キングサイズ: 193 cm × 203 cm

IFTTTに対応しており、他の機器と連携させることができます。例えば朝起きてベッドから出たら、自動でコーヒーメーカーを動かしてコーヒーを作る、などです。下の画像で写っているのはBelkinのMr.CoffeeというWifi対応コーヒーメーカーです。

luna8

まとめ

お値段は$179+送料$50で、$229(約27,000円)です。大きさはフルサイズ版です。かさばるので送料も高いです。

Indiegogoで2015/2/26まで注文受付中です。
https://www.indiegogo.com/projects/luna-turn-your-bed-into-a-smartbed/x/8276897

関連記事

Sense1

なぜ熟睡できないのか? 室温等を測って原因を調べる装置 Sense(センス)

Senseは睡眠状態を管理して、一番いいタイミングで起こしてくれます。ただしマットの上に敷くのではなく、枕元に置いて使います。

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons