ギター(アコギ)に直接貼り付けるコンパクトなアンプ ToneWoodAmp(トーンウッドアンプ)

admin




ToneWoodAmp1

ToneWoodAmp(トーンウッドアンプ)は、アコースティックギター直接貼り付けて音を大きくする、コンパクトなアンプです。アコースティックギター(アコギ)というのは、エレキギターではないギターのことです。

生の音だけだと音量に限界があります。かといってアンプやスピーカーを用意するのは面倒です。ToneWoodAmpなら、ギターに貼り付けるだけなので気軽に使えます。

使い方

設置は簡単です。まずギターの裏面にToneWoodAmpを貼り付けます。次にギターのピックアップ(音の出力コネクタ)をToneWoodAmpにつなぎます。(ピックアップはアコギにもつけられます)

これだけです。あとはToneWoodAmpがギターの音を拾い、増幅して鳴らしてくれます。

ToneWoodAmp2

ぱっと見た感じ、普通のアコギに見えますがToneWoodAmpが付いています。アンプで増幅された音はギターの本体部分に反響して出てくるので、音の感じが自然です。

ToneWoodAmp6

演奏動画はこちら。実際に使って音を出しています。途中でリバーブエフェクトをかけたデモもあります。

仕様

ToneWoodAmpの裏面には磁石が付いています。ギターに金属レールを貼り付けておき、そのレールに磁石で貼り付けるという仕組みです。これなら取り外しが簡単です。不要な時は普通のギターとして使えます。

ToneWoodAmp5

ToneWoodAmpは、ギターの本来の音の上に、アンプで増幅した音をギターに加えます。下図では青の点線の部分です。

増幅した音もギター本体から音が鳴るので、自然な感じになります。

ToneWoodAmp4

エフェクト機能もついており、ノブを回すことでリバーブ(反響音)などを調節することができます。他にもディレイ、エコー、トレモノ効果がつけられます。

もちろんボリュームもノブで調節できます。

ToneWoodAmp3

まとめ

音量増幅だけでなくエフェクトをかけることもできるので、なかなか便利ではないでしょうか。何より設置が簡単なのがいいですね。

2014/12/23に受付終了し、目標額に到達しました。なかなか好評だったようで、1400万円ほど注文が集まりました。
https://www.kickstarter.com/projects/1878939507/tonewoodamp-for-acoustic-guitars

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons