逆光撮影に便利、リモコンでフラッシュの角度を調整できるツール PANLIGHT(パンライト)

admin




panlight_1

PANLIGHT(パンライト)は、リモコンでフラッシュやカメラの角度を調整できるツールです。

カメラマンとフラッシュが同じ位置にある場合には不要です。自分でフラッシュを調整すればいいからです。しかしカメラと違う位置からフラッシュを当てたい、という場合にこのPANLIGHTは非常に役に立ちます。

使い方

結婚式を撮影しようとカメラを構えています。室内で若干暗めなのでフラッシュを使いたい、という場面です。

panlight_2

でもフラッシュは上から当てたい。顔で光が反射するのを避けたい、上から下に陰影をつけたい、などの理由です。こんな時にPANLIGHTが威力を発揮します。

panlight_3

下からリモコンでフラッシュを操作できます。

panlight_4

フラッシュの正面に被写体をとらえました。

panlight_5

ばっちりフラッシュ撮影できました。

panlight_6

別の場面です。今度はカメラの反対側から光を当てて、あえて逆光撮影を狙っています。ドラマチックな写真を撮るためです。

panlight_7

カメラに向かってフラッシュを当てることで、日食のような写真が撮れました。

フラッシュの角度がずれてしまうときれいに撮れません。PANLIGHTならカメラを構えたままリモコンでフラッシュを調整できるので、便利です。

panlight_8

カメラも操作可能

フラッシュを動かすだけではなく、カメラをリモコンで動かすこともできます。上から見下ろす場面を撮りたい、でも自分も写りたい、または下にいて出席しないといけない、という時に便利です。

panlight_9

こんな写真が撮れました。

カメラを動かす場合は、軽量のもののみです。ミラーレスですね。コンパクトデジカメでも、三脚マウントが合えば使えます。

panlight_10

動かせるのは、縦方向と横方向の2軸です。

panlight_11

まとめ

PANLIGHTはフラッシュを動かす、というのが新しいです。カメラ関係はいろいろなツールが出てきますね。

お値段は£105+送料£10で、£115(約21,400円)です。

2014/12/21まで注文受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/1691789323/panlight-remote-direction-control-for-flash-and-ca

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons