3Dプリンター用の柔らかいフィラメント素材、高い互換性が売り! PolyFlex(ポリフレックス)

admin




fa53eef57c1f2ae425dda43c8bf02ebe_large

PolyFlexは3Dプリンター用の柔らかいフィラメント素材です。この素材で印刷すると、手で曲げられる物を出力することができます。

3Dプリンター用の柔らかい素材というのは既にあります。しかしPolyFlexが違う点は、3Dプリンターとの互換性です。PolyFlexは、最初からいろんなプリンターで動かせるということを念頭に置いて開発されました。たとえば3mmのフィラメントを使う3Dプリンター用のものはあっても、1.75mm用プリンターで使えるものがない、というようなことがあります。PolyFlexは溶解するときの素材の流れを最適化されており、いろいろなプリンタでテストされています。

PolyFlexは3mmと1.75mmの両方に対応しています。FDM(熱溶解積層法)とFFF(融解フィラメント製造)の3Dプリンターで使えます。開発者で確認しているのは以下のようなプリンタです。

・MakerBot Replicator 2
・Replicator 2X
・Ultimaker
・RepRap Prusa Mendel
・MakerGear M2
・Afinia / Up! Plus

柔らかいがゆえの問題

柔らかいフィラメント素材で難しいのは、印刷時に柔らかすぎて適切な圧力で作れないという点です。印刷速度を遅くすれば解決できますが、PolyFlexではその必要はないとのことです。開発者で印刷するときは60-90 mm/分の速度が出せるとのことです。

柔らかい素材で印刷できるといろいろな使い方ができそうです。ベルトなど身につける物を印刷するときは堅いと困りますね。そういう用途には最適でしょう。

起案者のPolymakrは、中国の上海を拠点としています。
出資したい方はKickstarterへどうぞ!
https://www.kickstarter.com/projects/1981875718/polymakr-entirely-new-materials-for-desktop-3d-pri

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons