ファミコン風のピコピコ音を演奏(?)するデバイス Lo-Fi SES(ローファイSES)

admin




Lo-Fi SES1

Lo-Fi SES(ローファイSES)は、ファミコンのような音を鳴らすデバイスです。コントローラー型になっていて、ボタンの部分を押すと音が鳴ります。

本気で鍵盤を叩いて演奏するのではなく、伴奏に合わせて「バシッ、バシッ」みたいな効果音を入れる感じです。

使い方

使い方は、ヘッドフォンをさして電源をオンにするだけです。

Lo-Fi SES2

後はボタンをポチポチ押すと、ファミコン風のピコピコ音が流れます。スーパーファミコンのようなボタン配置ですが、あえて基板むき出しになっています。

Lo-Fi SES3

動画はこちら。15秒目ぐらいから実際に使う場面があります。

右側の4つのボタンで効果音っぽい音が出ます。角にあるLRはレバーになっていて、音の高さを変えられます。

Lo-Fi SES7

コントローラー全体はこんな感じです。左側の十字ボタンの部分は曲の選択です。

Lo-Fi SES8

エレクトリックギターに取り付けて、効果音として使うことも。

Lo-Fi SES9

カセットが刺せる

さらにカセットをさして拡張することができます。すごくファミコンを意識してますね。「ファイナルサウンドアドベンチャー」のカセットは音の種類を変えます。(本体だけでも使えます)

Lo-Fi SES4

USBカセットをさすと、PCやMacからいじれるようになります。

Lo-Fi SES5

「スマッシャーブラザーズ」のカセットを指すと、低音が強調された音になります。

Lo-Fi SES6

まとめ

お値段は$65(約7,300円)です。日本への送料込みです。

ちょっと触ってみたいですが、内容の割に値段が高い感じが・・。任天堂DSの大合奏!バンドブラザーズの方がいいような気もします。

2014/12/10まで注文受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/2081544495/lo-fi-ses-hackable-8-bit-chiptunes-instrument

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons