鉛筆で作った回路で音を出す。子供に電気を楽しく学ばせるペーパークラフト | PapierMachine (パピエ・マシン)

admin

Pic1.jpg

PapierMachine (パピエ・マシン)は、鉛筆で回路を作り、音を出したりできるペーパークラフトです。子供に電気を楽しく学ばせることが目的です。

開発元はフランスです。

使い方

電気を使ったテクノロジーは進化し、ありとあらゆるところに入り込んでいます。テレビ、スマートフォンなどたくさんあります。

しかしその電気の仕組みを子供に教えよう、と思ってもなかなかやりづらいのではないでしょうか。なにせ電気自体は目に見えません。

Pic2.jpg

このPapierMachine (パピエ・マシン)は、「電気の流れ」を教えるための子供向け教材なのです。作り方は簡単です。ノリもはさみもいりません。本のページを、点線に沿って手で引っ張って切り取ります。

Pic3.jpg

出っ張りを差し込んで組み立てます。

Pic4.jpg

銀色の線の間を鉛筆で塗ります。これで完成です。

Pic5.jpg

サーキット上で鉄のボールを転がすと、鉛筆で塗った部分を通ったときに音が出ます。

Pic6.jpg

ピアノは、鍵盤を押すと音が出ます。

Pic7.jpg

お面の下のすだれを吹くと音が出ます。

Pic8.jpg

それでは仕組みです。銀色の線の部分には特殊なインクが使われており、電気が流れるようになっています。

Pic9.jpg

鉄のボールが通ったとき、そのままだと離れている銀色の線同士が、ボールと鉛筆の塗り跡を通じてつながります。

Pic10.jpg

そうすると電池からコントロールユニットに電気が流れ、サウンドチップを作動させるのです。

電気自体はやはり目で見えません。しかしその代わりにボールを動かしたり鉛筆で塗ったりして、手で触って確かめようというわけです。

Pic11.jpg

同様に、鍵盤やすだれもスイッチの役割を果たしています。

Pic12.jpg

まとめ

お値段は€45+送料€10で、€55 (約7500円)です。

2018/2/19まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/551648271/papier-machine-vol0-the-interactive-electronic-pap

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons